ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

スイング中どこをみてる?

2012年12月21日

3兄弟が挑戦しているのは、両面の色が違う置き紙を、スイングしている最中どこを見ているかという練習(実験)です。

 

通常日本人の感覚なら、ビハインドザボール(ボールの右側に頭を残してインパクト)が主流なので、動画で言う緑色を見続けたままフィニッシュすると思います。

 

だけど、3人に共通していたのは、トップスイングまで緑色で、ウェイトをシフトしている時にセンターで、インパクトで徐々にピンクが見えてきて、フィニッシュでは完全にピンクが見えたと言います。これは欧米で流行し始めた、カバーリングザボール(ダウンで胸骨の中心がボールの上に被さる動作=前傾姿勢の強化)を実践しているからです。

 

G1ではこんな感じで教えています。まず、胸の中心(スターナム)をバックスイングで右足土踏まずから真上に引いた垂線上まで移動して、ダウンではお尻を引いてフトコロを広く取って、両足拇指球に荷重を移してカバーリングします。この動作をG1ではセンターリングとも呼びます。

 

また、フィニッシュでは左足外側ラインを上からのぞき込める位置、すなわち、左足太腿付け根に上体が乗るところまで荷重するわけです。一般の人から見たら、体を左に揺すっているんじゃないかと思うぐらいの幅で動いていますね?でも実際は左サイドを閉じたまま(右サイドはトップのまま)押し込んでいるので、打つ方はダイナミックに動いていますが、見ている方には、そんなに左には動いて見えないんです。

 

結果として正面から見たら、胴の幅分くらい左に動くことになります。調子良い時の遼くんもダイナミックに顕著にその動きが見られたのを覚えています。

 

頭をしっかり残さねば症候群に囚われ、これまで上達しなかった方はぜひ参考にしてください!


Archives

website by Cube Net