ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

正しいピックアップ(バックスイング)を再検証

2012年12月23日

以前から触れている゛ピックアップ゛という、クラブヘッドの勢い(遠心力)を使ってまーるくバックスイングする方法について、もう一度検証したいと思います。

 

左手にクラブを持ち、左腰の横から前方前振りの反動を利用して、体の正面で右手でクラブをピックアップする動作ですが、勘違いすると体とクラブの連結(コネクション)が失われ、オーバースイング(手上げ)やギッタンバッコン(明治の大砲)の原因になります。

 

動画で見られるように、ピックアップした瞬間に右手でクラブを縦に持ち上げる動きはNGです!右脇が開いてクラブをリフトしてしまうと、胸の回転が止まり手上げの原因になります。

 

正しいのは右脇を開けないように、右肘が地面を指したまま、体側からはみ出ないようにトップまでもっていきます。右腕上腕の内側を胸の横にぴったり着けた状態から、ドアの内側についている゛蝶つがい゛のような使い方でピックアップします。この時、シャフトは右肩口5cm下を斜めに横切り、グリップエンドが飛球線後方を指すようにすると、コネクションも強化されてオンプレーンで振れています。

 

こんな感じで正しいピックアップが出来ると、クラブの勢いを殺さずに、どのクラブでもアプローチみたいに振れて締まりがあります。ただ、゛上げて下ろす゛だけという感じになります。体をギリギリぞうきんを絞るみたいに窮屈な感じはありません。


Archives

website by Cube Net