ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

アプローチが上手くなるニーアクションを覚えよう!

2013年06月15日

アプローチの時、右膝が前に出て左膝がピーンッと伸びてしまう人いますね?いわゆる膝のギッタンバッコンで、これだと腰が引けて体重移動ができません。当てて終わっちゃうので様々なミスを誘発します。このような打点が安定しない方は上体が強くてフットワークが使えていないことが多いんです。

 

インパクトを゛点゛で終わるのではなく、フェースに載せて運ぶように打つには粘っこいフットワークすなわちニーアクションのリードが必要になります。

 

粘っこいフットワークを形成するためのセットアップは、アドレス時には両足拇指球寄り荷重を置き、両膝を左に回しながら目標方向に押し込んで、両つま先の向きが11時を向くように構えます。荷重のかけ方は7:3か8:2ぐらいで左足荷重になります。正面から見て右目がボールの垂線上に重なると肩の向きもオープンになります。

 

ポイントは粘っこいニーアクションにあります。アプローチはスタンスが狭いので、感じにくいかもしれませんが、様々な投げる打つのスポーツはフォワードスイング(切り返し)で前足を踏み込んだ瞬間、チョッとだけ重心が下がる゛シッティングポジション゛という動きがあります。スタンスの狭いアプローチでも、それをちょっとだけ感じてほしいのです。重心がちょっとだけ下がっただけで、ぜんけいは起きないし、体重移動はすごく楽に出来ます。

 

クラブをスキーのストック代わりにして、踵を3cm上げてつま先下がりのライ(滑降の斜面)をイメージします。動画でもしているように両膝を上下に小さくバウンディングさせながら斜面側(左斜め前方)にグイッと押し込む動作を入れるんです。両膝の屈伸を入れたグルグル体操にも似ています。

 

私はこれをスプリングニーアクションと呼んでいます。タイミングもとりやすいし、手ですぐに下ろしちゃう方には効果てきめんです。本番では踵を上げませんが、足の指で地面をがっちり捕まえてつま先寄りに荷重を置くことが大切です。左足の外側が上からのぞき込めるぐらいの左足荷重ができたら合格です!


Archives

website by Cube Net