ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

寄せるアプローチ ヒール側でソフトヒットダウン

2013年10月02日

フェースに乗せて運ぶ打ち方ができればと思っている読者へ、お待ちどうさまです。

 

アプローチは左サイドのリードができないと、フェースに乗せて運ぶ打ち方はできません。左サイドのリードで出来るだけゆっくり振って、クラブのヒール側で地面を柔らかくヒットダウンするのがポイントです。それもできるだけ接地面積は小さく落とします。ヘッドのトゥ側を上げてヒールだけこすっていく感じです。

 

始動と同時に右手でシャフトの中間部をピックアップして、トップで出来た左手首の角度をキープ。ヘッドの重みを感じて、両膝の左への回転(押し込み)と同時にタイミング良く右手を離して自然落下。左手首を伸ばさないようにハンドファーストのまま体を回転させて、グリップエンドは左腰を指しスレスレを通過する。

 

スイングの間、左腕上腕部内側を締めて左肘内側を上に向けたまま振ることが大事。こうすれば左腕は体の幅からはみ出ない。フィニッシュでグリップは左腰の前にあり、リーディングエッジは目標を指している。

 

左腕でゆっくり溜めて振れるようになると、脚を使って押し込めるんです。フェースに乗っている時間も長くなるので、スピン&コントロールが断然よくなります。

ゴールドワン 2013年秋の日本キャンプ

詳細はこちらから

14日(初日)、土曜日、日曜日もまだ空きがございます。


Archives

website by Cube Net