ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

G1ゴルフキャンプ 那須トライフィールド2013秋 11日目

2013年10月24日

参加者 男性2名  女性1名  天気 曇り時々雨


こんなに寒いと温泉が気持ち良いです。
疲れがぶっ飛びます。お隣の天皇様のご領地と同じ成分のお湯らしく、お肌つるつるになります。
この温泉に入れて1泊3300円は本当に安いです!
また、管理人のおじちゃん&おばちゃんが気さくで面倒見の良い方で、毎回お世話になっております。


台風の影響がもうそろそろかなと思っていたのですが、曇りでまったくの無風。
時折パラパラと降る程度で全く問題ありません。
天気予報が当たっていません。
この感じでいくと明日も影響ないでしょう。


今日は3名の生徒さんでマンツーマン形式で教えることができました。
たくさんやったので全部お話しできません。
一部ご紹介します。


切り返しの時のワインドアップを指導しました。
上体が捻転している最中に、左腰から切り返すので体幹に強烈な反発エネルギー(張力)が生まれ、体の回転スピードを促進します。


両肘が両腰と向き合い一緒に回していって、左手が地面と平行でクラブが垂直に立つあたりで、クラブが右斜め後方にループすると、その反動でもう一段回左肩が入って、それと同時にタイミング良く左腰&左脇あたりで切り返しが始まります。
この作用反作用は強烈な張力を生み、クラブをまーるく広角的(315度)に振る起動力になります。


右手一本で持ってやると感覚が分かります。
右肘が体の幅からはみ出ないようにクラブをピックアップしてビッグループ。
左腰から切り返すと同時に右肘が後方に倒れて内側に絞られる。
その時にシャフトが背中を叩いて巻きつくような感じで溜まって下りてくる感じをつかむ。
(実際には背中にさわれない)。
この動きを本当に柔らかく行います。


しいては、足の裏→足首→膝→腰と下からスパイラルな捻じり戻しで体幹が開放されていくと、スイングの後半から切れが増して、飛距離もさることながら一貫性のある動きを体得出来ます。
ある程度の筋力と柔軟性があればこの動きは出来ます。


3名の生徒さん、飛距離アップはもちろんのこと、スイングの仕組み、パワーの出し方、切り返しってこんなに早いの?
クラブってこんなに遅れて出てくるの?って感じをよく理解できたと思います。


Archives

website by Cube Net