ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ヘッドアップ防止 ゛L字フェイスドリル゛

2013年11月13日

スイング中、頭が動かないようにする方法を前提にお話しします。軸中心(頭部不動)のスイングをするには、首から下すなわち胸の回転が止まったらいけません。首から下(胸)の回転すなわち体の捻転(コイリングモーション)がなく、大きなアークだけで振ろうとすると、頭は右に左に簡単に動いてしまいます。

 

首から下(胸)の捻転及び捻じり戻しを前提として、動画に見られるように、左のコメカミから頬にかけて壁を感じてアゴが上がらないように、両手でL字を作って意識をおきます。※自分から見るとL

 

例えば、肝心な時によくトップボールを打ってしまう人ほど、アゴが上がって左肩が釣り上がって左へ振れなくなります。(目標方向にクラブを出しっぱなしにする人も同じ)こういう人こそ、首から下(胸)の捻じり戻しとL字を意識してインパクト後に右の肩甲骨にアゴを押し上げてもらってから目標を見る動きを意識したほうが良いのです。これができれば、左に振れている証拠です。

 

またレッスンをしていて感じることは、クラブのしなりを感じとれないくらい硬度なシャフトフレックスを使っている人にトップボールが目立ちます。(しなりを感じないと手打ちになって体が開きやすい、頭が目標に突っ込むとトップボールになる)男性ではアイアン、女性ではフェアウェイウッドです。ティーアップしているドライバーなら少々硬いシャフトもいいでしょうが、地面にあるものはシャフトのしなりを生かせないと上手くボールを拾えません。一貫した動きで飛ばしたいなら、シャフト選びとボディーターンで打つことが大切です!


Archives

website by Cube Net