ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

スライス撲滅!左へ振っていくにはダウンで左サイドが猫背になる

2013年11月22日

今日は長期間に渡って、高く上がって右に切れていくプッシュスライスに悩んできたマサさんのスイングを矯正しました。

 

スイング傾向は、上体の強いスイングで右サイドから打ちにいくのでクラブをキャスティングして、タメがありません。そのため肩の開きが早く、一貫してアウトサイドイン軌道を描きます。このように上体で打ちにいくタイプは、インパクト前に上体が起きあがって手元が浮いてフェースを開きやすい。体の回転がストップして、クラブを左に振っていくスペースがないので、ヘッドをカチ上げてしまいます。これをスタック=行き止まりといいます。

 

動画に見られるように、ダウンではシャフトが背中の方から巻きつくように出てくるのを感じて、左肩が開かないように左肩甲骨あたりを猫背にして、上体が起きないように腹筋を使って下ろしてくるのがポイントである。すなわち、カバーリング・ザ・ボール(胸骨がボールに被さっていくイメージ)を意識することで、前傾姿勢が保たれてクラブを左に振っていくスペースができるのです。

 

タイガーウッズだって調子が良い時は、ダウンで左サイドが猫背になり椅子に腰かけたように重心の低いポジション(シッティングダウンと言う)を取る。これは左サイドの開きを遅らせて、腹筋の捻じり戻しを意識したスイングなのでしょう。トップで出来た肩と腰の捻転差を変えないで切りかえそうという表れです。反対に調子が悪くなると、ダウンで一足先に左サイドが伸びあがり、手を左に振っていくスペースをなくしてプッシュボールを打ちます。スタッカ―です!これが、嫌で最近は随分左へ低いフィニッシュを取るようになりました。

 

マサさんは、左サイドを猫背にして左へ振り抜くことで、たった数時間でスライスを克服してしまいました。ちなみにこの日のフェアウェーキープ率は93%でした。


Archives

website by Cube Net