ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

曲げないゴルフ 手でヒョイと担ぎ上げるバックスイングの矯正

2013年11月28日

手でヒョイと担ぎ上げるタイプというのは、トップで左肘が極端に曲がり左脇が空く、フェースがオープンになってシャフトが暴れる反動でクラブをキャスティングしやすい。その結果、スライス・トップ・ダフリが出やすくなる。

 

このタイプのゴルファーは体の回転と腕の振りが同調しないことが問題である。要するに手の振り上げが早くて体の回転がおろそかになっているのである。私が提唱している、スイング中、両肘が両腰を指しながら回転する(コネクションライン)イメージがないので、体幹を捻じる感覚もない。

 

動画を見てみよう!前方前振りから大きな筋肉(背中・胸・腹筋)を使って、クラブを体の正面に戻す。一端、クラブヘッドを大きなボールに押しつけて、ヘッドが置き去りにされる感覚をつかむ。この時、右太腿内側を支柱にして、グリップエンドが右太腿前スレスレを通過するまで(テークアウェイの範囲)、手で変な操作をしない。そうすれば、低く底辺の長いテークアウェイができるからコッキングのタイミングを遅らせることが出来る。よって、ヒョイと担いでいた時よりもゆっくりタイムフレームが取れて、十分体幹が捻転できるというわけだ。

 

そもそも、前傾している両肩の下に両腕がぶら下がっている状態なのだから、大きな筋肉を使って体幹を右に捻転させればテークアウェイの範囲までは、手は何もしないはずだ。

 

タツさんも、これまでになく体幹(脇の下から脇腹にかけて)が捻じれて、ゆっくり大きく振っているように感じているようです。ビッグマッスルが稼働するようになって、始動も切り返しも腕が遅れてついてくる感覚が身に付き、叩き潰すスイングからフェースに乗せて運ぶ打ち方に変身。よく飛んでます。


Archives

website by Cube Net