ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

アプローチが上手くなる条件 振り幅・入射角・打点の安定(2)

2014年01月18日

極寒の日本で中々ゴルフにいけない読者に簡単に出来るドリルを紹介します。

 

バンカー内に棒線をすーっと引きます。砂場じゃなくても、土の上でも出来るのでご心配なく!

 

振り幅と打点については前回紹介しました。動画にも見られるように、入射角を安定させるには、トゥ側を浮かせてヒール(ホーゼル側)からソフトヒットダウンする。出来るだけソールの接地面積を小さくして振り下ろします。グリーン周りのアプローチの上手い人ほど、「カツッ」とボールを薄く打っているのを見たことありませんか?

 

ボールを上から見たら、時計の2時の方向からフェースが開いた状態でヒール側から下りてきてボールを包み込むように下りてくる。ボールを目の高さで横から見た時、リーディングエッジがボールの右側赤道を捉え、ボールの左斜め下3分の一をスパット切るように振り下ろします。リーディングエッジが最初に芝に触れるのはボールの1cm先といった感じです。砂に線を引く時に、ボール幅位の線だと打点のイメージが鮮明になりますね!

 

それには、アドレス時から右肘でクラブを吊っている感覚をフィニッシュまで変えない。そして、出来るだけ胸の回転と両膝のフットワークによって、ヘッドの重みで振り下ろされる感覚(ソフトヒットダウン)を持つことが大事です。自分の感覚では、線の内側に向かってソフトヒットダウンするのみに集中しますが、両膝の回転と押し込みがあるので、勝手にフォローが出て1対1の振り幅になるイメージです。

 

また、打点の安定には手元(グリップエンド)を体から離さないバックスイングを体得することが大事。グリップを左太腿前にセットして、胸の回転で始動する。この時、両肘が両腰と向き合って一緒に回転すれば、手元が離れていくことはまずありません。


Archives

website by Cube Net