ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

スイングイメージトレーニング ストレッチポール編

2014年01月19日

極寒の日本で中々ゴルフにいけない読者に簡単に出来るドリルを紹介します。

 

ストレッチポールのような適度に重く、太い棒のようなものを持って、鏡を見ながらゆっくりスイングすると体を使ったスイングをイメージしやすい。また太さがあるので、クラブを体の正面から外さないスイングを作りやすい。ぜひ、このドリルで私が推奨するシャロープレーンスイングを体得して下さい。

 

重いので手や手首を使って上げられない。前傾している肩のラインからお尻の先まで太い筒が地面に突き刺さっているのをイメージして、その筒を右に捻じることによってスタートする。正面から見て8時半までは手はまったく何もしない。

 

そこから右肩の上に向かって一気にポールをピックアップする。その時、両脇が開かないように、肘から先(両腕の前腕)を右に回転しながらあげるのがコツです。トップの位置はそれほど重要ではない。テンポ良く振り上げたら、次の切り返しに集中する。

 

切り返しは手からスタートしてはいけない。前傾している背骨の左半分(左背中とお尻を後方に引っ張る)を捻じり戻す動きが主体です。受動的に右肘の絞り込みでシャフトがシャロープレーンに切り替わる。右手のひらにお盆を乗せて落とさない感じです。

 

右腰の高さではポールは地面と水平になり、両肩のラインとポールの向きはこの時点で右45度を指している感じだ。

 

左手甲が上を向き、両手のひらで挟んでいたポールをインパクトに向かって、右前腕の回内(pronation)と左前腕の回外(supination)で90度左に回すことで、体の正面にポールを戻す。右手首は甲側に曲がり、左手首の外側が少し盛り上がっており、両腕の上腕内側で胸をしっかり挟んでいる。(これがフラットリストです!)右腰の高さで45度閉じていた両肩のラインがインパクトでは一気に30度開いている。左の背中が後方に積極的に引っ張られている証拠です。

 

Let it go! 遠心力に任せて目標の左45度まで、ヘッドの先をまーるく振るイメージを持ちます。右腰の高さから換算すると、約270度ヘッドの先をまーるく振っていることになります。フラットリストを維持すれば、ポールを体の正面にキープしながら振り抜けます。


Archives

website by Cube Net