ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

短い距離(下り)のバンカーショット

2014年01月22日

バンカーショットはアゴの高さや砂質により、いろいろな打ち方があります。ここは3m先から弱冠下りが入る6mの距離。アゴの高さは胸の高さぐらいです。

 

このようなライは、グリーンに直接乗せるとスピンが解けて止まってくれません。出来るだけグリーンの幅を使って手前から適度なスピンで転がってくれた方が寄る確率が高いんです。

 

よくカットに上からドスンッと入れる人を見かけますが、腕力に頼って砂を深く振り過ぎちゃっているだけで、まったくフィーリングと言うものが伝わってきません。

 

腕やシャフトがガチガチに固まらない様に、ムチ(新体操のリボンをなびかせる)のように滑らかに振り、体の回転と同調させることが重要です。※手首を柔らかくして鉛筆をユラユラさせると曲がって見えるようにシャフトにもしなりを感じる。

 

上から叩きつける必要はありません。自分なりのオープンスタンスに沿って上げたら、ヘッドが8の字(ループ)を描いてその内側を通過するようにシャローな軌道で払うように下りてきます。右肘を伸ばさないように、右手のひらを上に向けて、フェースを開いたまま振り抜く感じです。

 

この時に、ホーゼル下のヒール側1点が砂に接地して、体の回転と一緒に滑らせる感覚が非常に大切です。体の回転が止まって右肘が伸びると、接地面積が大きくなりヘッドが砂に潜ります。


Archives

website by Cube Net