ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

前上がりのバンカーショット

2014年01月23日

G1で習うシャロープレーンを語る上で、前上がり(つま先上がり)のライが打てないと話になりません。シャロープレーンつまり後方から見た時にシャフトと地面で作られる角度が浅いインパクトゾーンのこと。

 

このライからダフらず、左に飛ばさない(フックさせない)ように打つのがG1流!バンカーショットでも一緒です。膝や腰の高さにあるボールに対し、シャフトを寝かして横から払い打つ感じで、体の回転と両脇のコネクションを意識して、フェースオープンのまま左肩の高さより低く左へ振り抜きます。

 

再三言っているように、クラブのトゥ側を上げて、ヒール側を滑らせるように打つのがコツです。

 

このショットのポイントは遠心力に一任して、ヘッドを広角的にまーるく振ることが目的なので、打った後、体の正面が目標を向き左足荷重になります。まーるく振ったらたまたまそこにボールがあったぐらいの意識が必要です。

 

なので、インパクトでフェースをスクエアに戻そうとはしません。フェースをスクエアに戻す意識が強いと体の回転が止まり、点のインパクトになって様々なミスを誘発します。


Archives

website by Cube Net