ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

内股の緊張感は回転力の要です!

2014年03月09日

久しぶりの登場、リーダーボードです!この上に乗って足を開いてスイングするだけで、スイング時に必要な内股筋を緊張させてくれるので、回転力のアップやスイング軸を強化するのにもってこいの練習器具なんです。パターの素振りをするだけでもかなり効果があります。アダムスコット選手もパター強化に使っていたようです。

 

縦に置いて両土踏まずでしっかり挟んで、土踏まず間で押し合いへしあいの状況を作ってスイングします。内股筋が使えると上半身が素早く回転できるのが実感できます。右内腿が左内腿に吸いつくように押し込まれます。足首が硬くて足裏が動きやすい人にも適しています。

 

体幹の捻転も捻じり戻す動きも内股筋がしっかり稼働しているからなんです。しっかり練習すれば、腹筋使ってるのも分かるはずです。板を挟んで練習するだけでもかなり効果があります。

ぜひ、試してみてください!


Archives

website by Cube Net