ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

的当てショートゲーム

2014年03月18日

G1定番のショートゲームDesignated Hitter(指定されたところに打つ)です。5人以上いると楽しめて競争意識が湧くゲームです。

 

1番 25m先1.5mスクエアの的にダイレクトヒット(AW)

2番 カラーから6m下りスライスラインにチップイン(9I)

3番 バンカーショット2m先のテーブルマットにダイレクトヒット(SW)

4番 マウンドを超えてすぐにグリーンがあり白線内に入れる(9IかAW)

5番 12m先 80cmスクエアの的にダイレクトヒット(AW)

6番 カラーから13m下りフックライン先の白線内に入れる(7I)

7番 カラー近くから7mストレートラインカップ周り30cm以内に寄せる(9IかAW)

8番 バンカー越え9m先のテーブルマットにダイレクトヒット(AW)

9番 20m先80cmスクエアの的にダイレクトヒット(9IかAW)

10番 2m先にある椅子の上に乗ったテニスボールにダイレクトヒット(9IかAW)

 

7人で行い、指定時間は45分以内。ボールは3個用意して、続けて打ってよしとする。的に当てた・入れたら次に進めます。3つとも外したら急いでボールを回収に行くので忙しいです。

 

トッププロだとこのくらいのラインナップは15分で終えます。1打目からもの凄い集中力を結集して成功イメージ(visualization)を描きます。よって3回以内に当ててしまいます。上級コースだと針金で野球ボールが通るぐらいの輪っかを作り空中にぶら下げたり、木の枝と枝の間を通り抜けたりする他などが加わり一層難しさを増します。

 

ゲームの前に自分はだいたい幾つぐらいクリアできるか聞き、それをクリアしたら良しとします。今回は2名が全クリアを予告して30分ほどで終了しました。

 

4番ホールなどは登って下るマウンドを超えたらすぐに白線があり、その中に入れないといけないので、ボールが転がり落ちる傾斜とコースを同時に読まなくてはいけないので難しいホールです。


Archives

website by Cube Net