ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ドローボール練習法

2014年05月12日

動画に見られるように、シャフトやアライメント用スティックを使ってインサイドアウト軌道のアライメントを作ってみましょう。

 

ドローを打ちたい時は

 

1.  目標線の少し右にアライメントをとるクローズスタンス(肩、腰、膝、足のラインが平行)

2.  右を向いた分、円軌道に沿ってセンターより少し右にボールを置く(ボール1個分)。

胸の中心(スターナム)もボールを指す。

3.  フェースをボールの落下点(目標線)へ向ける。

4.  ボールはフェースのトゥ寄りで構えるとイメージが出る。

 

イメージはクラブヘッドのトゥ側でボールの右上を包み込む感じ。(ボール右上のディンプルのドット1つに集中)サッカーのインサイドトゥキックで左カーブをかけるのと同じ要領です。ハンドアクションは、内側から外へ新体操のリボンをなびかせる感じでハイフィニッシュ。

 

フィニッシュでグリップエンドが目標を指し、トゥが真下を向く。両肘の間隔を狭める感じです。体幹の回転は半身程度で、ゆったり振ってクラブが体を追い越していく感じ(パス)です。


Archives

website by Cube Net