ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

1ヶ月が過ぎました!

2014年05月14日

リョウくんですが、こちらに来て1ヶ月が過ぎました。前回は来豪12日目のスイング画像を載せました。比較してみたいと思います。

 

2014年4月2日ブログ→  https://www.goldonegolfschool.com.au/blog/?page=7

 

来豪した時はHCP15でしたが、1ヶ月でAustralian HCP4.0になりました。こんなに早く結果が出たゴルファーは過去にもいません。(驚) オーストラリアHCPは日本みたいに長く保持できないので、次から次へとコンペに出ないといけません。本当の実力が試されます。

 

改善された点は、トップで左手甲が内側に折れてシャットフェースだったのが、外側にカップリング゙が出来るようになってスクエアフェースになりました。トップで左腕が必要以上に突っ張っていたのが左肘に余裕ができ、一層ムチのように振れるようになっています。トップでフェースをオープンに出来るとシャローインパクトに益々磨きがかかります!

 

またハードヒットする時にバックスイングで右腰が引けることがありました。その反動でインパクト時に左腰が引けて左膝が突っ張る傾向がありました。これは土踏まずに板を挟むドリルで内転筋と足裏を鍛え、左膝裏がインパクトまで伸ばさないように意識することで改善されました。空気椅子トレーニング(ハムストリングを鍛える)も効いているようです。後方から見ると左膝裏がくの字に曲がり、どっしりしたように見えませんか?低重心インパクトが出来ると、体幹が歪まずにクルッと水平回転します。低く長いインパクトゾーンは打点を安定させてくれます。

 

゛和製ベンホーガン゛を目指しています。そのためには課題の筋力アップをしっかりやってもらわないといけません。当然、英語の勉強もね!

 

ま、中々難しいけどHCP1(Australian ProTestを受けられるレベル)になったらまた報告したいと思います。


Archives

website by Cube Net