ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

飛ばすゴルフ 壁を使ってタメをつくるドリル

2014年07月03日

Yさんは調子が悪くなるとバックウイングが浅くなり、トップからキャスティングの(手首を伸ばしてしまう)傾向がある。女性はこのタイプが特に多いように感じられます。飛んでもトップ気味の低弾道ボールで、それほど飛距離が出ません。手打ちだからです。

 

皆さんが考えるタメは、トップでできたシャフトと手首の角度(コック)を変えずに右腰横まで引っ張ってくるイメージがあると思いますが、これは前提として切り返し時の肩と腰の捻転角度差(だいたい肩90腰45度)をキープした状態で体の回転と共にシャフトが体に巻き付くように右肩口から出てきた結果により、コックが保たれていると解釈してほしいと思います。決して腕だけでコックをタメて下すのではないということを頭に入れておいてください。

 

じゃあ動画を参考にしてもらいましょう!トップが浅いと思う方は右肩が背骨の後ろに来るまでしっかり回してみましょう。そして、右肩の横上でグリップエンドを壁に押し当てます。この時、右肘の角度が90度になるようにふところをとってください。パートナーに前方から見てもらって、シャフトが右肩の上にあり、フェースがスクエア(フェース角45度)であること。また、右肘が体側ラインからはみ出てフライングエルボーにならないよう、肘が地面を指すようにチェックしてもらってください。

 

次にグリップエンドを強く壁に押し付けたまま、2つ同時にしなければならない動作がある。1つ目はベルトのバックルを正面に戻す感じで左脇腹を平に回す。この時に左内腿筋でそれを受け止める感じがほしい。2つ目はそれと同調するように、右肘を脇腹内側に絞り込む動きだ。シャフトが右肩肩口近くから出てくる感じがほしい。右手の平にのせたウェイトレスのお盆を落とさないように肘を絞り込むイメージが大切です。この2つの動きによりクラブは受動的に下りてくる。

 

ベン・ホーガンのダウンスイングはトップにクラブを置き去りにする感じで、腰の回転に導かれるように右肘が絞られて、スイング平面がかなりシャローな角度で(シャフトが寝て)下りてきているのがわかる。ホーガンはピッチャーのサイドスローをイメージしなさいと言っています。右腰をグッと水平に押し込むと右腰横に腕を振っていくスペースができる。打つ投げるスポーツに共通した動作だ!

 

今まで腕で振り下ろしていたYさんには、お腹が捩れるぐらい腹筋を使って、足腰を踏ん張ってクラブを下している感覚を分かっていただきました。体を使って下す感覚が身に付くと、一貫性のあるインサイドアタック(クラブが4時半から出てくる)で打てるので飛んで曲がらなくなります。


Archives

website by Cube Net