ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ダフリをなおす 右手甲側を曲げたまま打つドリル

2014年08月01日

ヒロさん(ベストスコア109)はダウンの時にタメがなく、トップから手を使って振り下ろしてしまうので、インパクト前にヘッドが地面に突き刺さってしまいます。いわゆる釣竿を投げる時のように手首が伸びて脇が空く動作「キャスティング」です。アイアンではダフリ、ウッドでは天ぷらが多くなります。日本人初心者の80%ゴルファーがこれに悩まされているとも言われています。

 

想像できると思うが、ヘッドが早く落ちると、そのリアクションで体が伸びてしまう。前傾が起きて右足踵が素早く上がるので、重心をコントロールできなくなる。

 

肩幅に脚を開き、少し前傾した姿勢から、その場で上にジャンプしてみるとわかるが、着地と同時に両膝が曲って腰がドテンッと座る位置がある。これが重心をコントロールできる位置です。両足付け根のコマネチラインにしわを寄せて股関節に入れる動作もこのポジションをキープできないと出来ません。ダウンスイング中のこの姿勢を「シッティングダウン」とか「ステイダウン」と言います。

 

7番アイアンを使用します。クラブを短く持って前述の姿勢を考慮して立ち、打ち終えるまでキープします。右手はグリップせずに手の平を側面に当てて、甲側外側が曲るようにハンドファーストに構えます。

 

これで何をするかというと、右手甲側の角度を変えずにボールを横から払う(ほうきで掃く)動作でクリーンヒットすること。最初は5ヤードぐらいから始めて20ヤード近くまでゴロを打てれば完璧です。

 

打ち込む意識を完全に排除するには、クラブをおろす時に両膝を正面に戻しながら押し込み、左足付け根にしわが寄るように腰を回転させる。これにクラブが同調して下りてくれば、かる〜い柔らかいインパクトが実現できます。

 

スイングが不調の時は、小さなスイング(振り幅)の中で、しっかり下半身を使ったスイングを心掛け、柔らかいインパクトを求めれば、自ずと良いスイングが見えてきます。理想は足裏や足首から切り返して、膝、腰、体幹、腕の順番に力を伝達していきます。(動きのsequence)


Archives

website by Cube Net