ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

アプローチが上手くなる フットワークドリル

2014年09月01日

アプローチ(転がし系ピッチエンドラン)の時にフェースに乗った柔らかい球を打ちたいのだが、どうもうまくいかない。よって右足つま先前にボールを置いて上からドンッと打ち込んでおしまい、という打ち方を覚えてしまう。皆さんこんなふうに打っていませんか?これだといつになっても意図しているボールは打てず、トップしたりダフったりしてコントロールが効きません。

 

アプローチに限らずスイングというのは、バックスイングで上半身から巻き上げて作った反発エネルギー(体幹の捻転)を下半身から巻き戻すことによって、クラブが溜まって下りてきて一貫した円軌道を描く。他の投打スポーツのフォワードスイングも足裏で地面をわし掴み→足首→膝→腰といった下から順に巻き戻す点では共通している。(動きのsequenceが安定すると、軌道、バランス、軸、コネクション、スピード、躍動感が向上する。よってパワーとコントロールのスイッチを自由自在に操れるようになる)

 

動画にみられるように、腰を貫通した棒の先におもりがついていて、両脇を締めて掴んでいるイメージをして頂きたい。この時両膝はしっかり曲げてインパクトを想定して左に送り込んでおく。荷重は左7:右3でつま先よりの親指拇指球にかける。(実際は左足1本で立っている感じ)

 

棒は正面で3時9時だが、棒を右に回してバックスイングは4時半10時半(左に送り込んでいるつもりの両膝が正面に戻り、一瞬右足拇指球に乗るがすぐに直線的に左足拇指球に荷重が移る準備をしている)まで回す。

 

フォワードスイングは棒(上半身)から回すのではなく、上下の捻転差を感じて、足裏で地面をわし掴み→足首→膝→腰が理想だが、実際は両膝を揃えて(テニスボールを挟んでいるように)左に押し込みながら回転して、胴体がロウギアで巻き戻されて、棒の先が遅れて回転してくるのだ。棒が物干し竿のように長くその先におもりがついていることを想定したら、尚更棒の先に遠心力がかかるから早く回せない。振り遅れる感じでいいんです。胴体が巻き戻されるときは、背骨を軸にして左背中半身が後方に引っ張られる感覚を大事にして欲しい。

 

多くのゴルファーは棒の先(ヘッド)を早く振ってフリック(手首をこねくり回す)してしまうので、様々なミスを誘発してしまうのです。


Archives

website by Cube Net