ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ショートアイアンを体の切れで打つドリル

2015年02月27日

ウェッジやショートアイアンで打つと、地面に突き刺さって抜けが悪い。また、高く上がって距離が出ないでお悩みの方、たくさんいると思います。これは大半の人がグリップを強く握って、力み過ぎが原因である。だから、クラブが重たく感じて、全くヘッドが走らないはずである。

 

動画に見られるように、両肘と両腰が向き合い、同調した回転を意識すると、ブランブランの振り子状態になり、手首に自由性が効いて、ヘッドが物凄く走るようになる。これをタイミングよくインパクトの先で腰を切れば、ヘッドがビュンッと風を切り、クラブが体に巻き付いてくる。私は腰を¨ピッ¨と短く切れる人ほど、体が鋭く回転して、飛距離アップに貢献していると思う。

 

はじめはハーフスイングやスリークォーターぐらいで、上げている最中に下半身から切り返すイメージで練習してみてください。


Archives

website by Cube Net