ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

クラブ紹介 Graind Works Wedgeの試打

2015年05月13日

私のクラブアドバイザーである新美清成氏(米国クラブ技術協会殿堂入り)が立ちあげた(株)Emery JapanのGrind WorKsのWedgeを紹介します。

 

6種類のクラブデザイン、8つのロフト角、様々なシャフトから選べる自分だけのウェッジ。あなたはアップライトのターフを沢山取るタイプ?それともターフはほとんど取らない払い打ちタイプのスイング?バウンスが多く広いソールのサンドウェッジが欲しい。でもアプローチウェッジは薄いソールとバウンスの少ないものが欲しい。そういったあなたの悩みをGrind WorKsのWedgeが全て解決します。

 

多くの製造業者では、1つの金型を使用し、そこから様々なロフトや形に変形させていきますが、Grind WorKsのWedgeは1つ1つがそれぞれオリジナルの金型により造り出され、より精密で繊細な加工がなされています。つまり一貫した品質管理と優れた設計が、より良い感覚とパフォーマンスを生み出します。


Archives

website by Cube Net