ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

グリーンオーバーからのロブショットの打ち方

2015年06月20日

日本特有の受けグリーン(砲台グリーン)ではオーバーするとたいがいは下りが残るので難しくなる。そのような状況では柔らかくフワッと上がるロブショットが必要となる。

 

これまでのチップショットやピッチエンドランでは両膝の送りを先行させてハンドファーストでレイトインパクトを心掛けていました。よってボールの赤道下を直接ヒットして、最下点をボール1~2cm先に定めてソフトヒットダウンしていました。

 

ロブショットの場合は全く違います。ボールを素早くポップアップさせるにはグリップエンドを中心に真円軌道であること。手元はなるべく中心から動かさずにヘッドを上昇させる(ピックアップ)ことが大事。

 

500円玉サイズのビー玉に50cmぐらいの紐を付けて、ヘリコプターみたいにグルグル回している時に、ビー玉の円軌道に合わせて手首を滑らかに使う(ボールベアリングリスト)のが、スイングで言うピックアップです。ですから、ヘッドは常にグリップの前(アウトサイド)で回っているので、インサイドに引いてはいけません。

 

ボールの捉える時のイメージは、ダルマ落としに似ています。フェース面を真上に向けてボールの真下へ滑らせていく感じです。ラフであればボール手前の芝ごと削っていくのは当然です。

 

構えた時のシャフト位置より前に出ないように少しハンドレイトで捉えます。フォローではトゥ側上部に乗せたボールを真後へとばすイメージで体を回転させます。この動きを体で体現するとかなり肘のたたみが早いことが想像できるでしょう。右手の平で左の頬を最短距離でタッチする感覚で、フェース面が自分の顔に迫ってきます。

 

荷重移動する意識は全くありません。6対4で右足荷重に構えて、その場でクルクル回転するだけです。両膝を送ったらエッジが立って突き刺さるので、気を付けましょう。

 

今回採用したSWはバンスの抜けがよく、ロブショットに適したGrind Works 86Bです。


Archives

website by Cube Net