ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

薄く払い打つアプローチは先行するニーアクションがカギ

2015年07月01日

前回の日本仕様グッドライのピッチエンドランが包み込むように払い打ち、足の長いボールに適したフックスピン型だとしたら、今回のはもっと顕著にボールを止めたいスライススピン型と言えよう。スライススピンと言っても、肘を抜いてカットするボールとは違う。肘抜き(手打ち)の癖がついたら、一気にボールが飛ばなくなるので気を付けたい。

 

これまで何度も説明しているが、胸と腰のラインの捻転差を感じて、あくまでもクラブを低くまーるく振ればいいだけ。ヒール側が芝をこするように振るには、ボールの位置は左踵線上ぐらいに置き、80%左足荷重で構えます。そして、両腕の上腕内側で胸を挟んで脇を締めて、右肘でクラブを吊って構えるとボディーターンで振らざるをえなくなります。

 

打ち方はフェースを返さないで(トゥがヒールを追い越さないように)想像よりも低く左へまーるく振って、左手首がフラットリストでなければならない。胸と腰のラインの捻転差を感じられないときは、ダウンのスタートで両膝を左へ押し込みながら膝頭を回す意識を持ってください。クラブが上がりきる直前に膝から入れてやるんです。

 

そこでヘッドの重み(慣性)を感じて下せるようになると、タイムフレームがたくさん取れるようになります。それがフェースに乗せて運ぶコツです。そうすれば、脇を締めてボディーターンで振れるので、ちゃちゃっと早打ちするとか打ち込み癖が治ります。


Archives

website by Cube Net