ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

低い球でラインを出したり林から出す打ち方

2015年07月08日

日本キャンプ(那須合宿)では、手で操作する生徒さんが多かったので、ライン出しの練習を結構やりましたね。この打ち方ができると、アゲインストの風、コーナーのピン位置、林からグリーンを狙う時にコントロールが効いて、しっかり距離も出てくれるようになります。

 

まず球を低く抑える時の構えは、足のラインを少しオープンに立つ。荷重配分は7:3の左荷重。両膝を飛球方向に押し込んだ構えをとり、肩のラインは飛球線とスクエアにする。バックスイングした時に捻じれ感があると、球は低く抑えられる。

 

ダウン時に右手首の甲側が曲った状態(ハンドファースト)で、横から低く払う(ボールの前後30cm)ように打つことが大事。(実際はかるいダウンブローで捉えられている)

 

アライメント用スティックの弾性を利用すると、ハンドファーストを保って低く押し込める感覚が掴めます。リリースは手で操作するのではなく、左足裏で地面を蹴り上げて胸を前に出します。最後にクラブが体の正面にあるか、両肘を体に引き付けてみればわかるはずです。

 

また、ライン出しの時は上半身半身(はんみ)の意識が強いです。なるべく左肩が(左頬)がトップの位置から開かないように、下半身を押し込みながら腰を切っていきます。


Archives

website by Cube Net