ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

柔らかくしなるクラブでタメの効いたスイングを作る

2015年07月16日

2015春季日本(那須)合宿のテーマだったのが、フニャフニャクラブを使ってタメの効いたスイングを作るでした。

 

この練習器具を使うと、トップから切り返す時にシャフトが鞭のようにしなって体に巻き付いて下りてくる感覚が養える。腕力で振ったらこのようにいかない。このクラブを使った後、ご自分のクラブで打つと普段はカチンカチンのクラブがフニャフニャに感じて、タメの効いたスイングができるのである。

 

それには動画に見られるように、すっぽ抜けるぐらいのソフトグリップで握る。背骨の軸を中心に体幹の大きな筋肉(胸や背中の捻転)を稼働させて両腕の三角形を腰の高さまで崩さないように大きなアークでフワッと上がるのがベスト。

 

大きなアークで胸とグリップの間にふところが作れると、左肩を開かずに下半身リードが先行(肩と腰の捻転差を保ったまま体幹にしなりを入れる)しやすくなる。と同時に鞭をしならせるように右肘を絞り込んでくれば、シャフトが体に巻き付くように下りてきて、レイトヒッティング(タメ)が可能になる。

 

感覚的には、大きなアークでバックスイングした後、一気にクラブを体に引きつけたら(クラブ゙がストーンッと右肩に落ちてくる感じ)、鋭く小さく回る感じだ。この時、肩と腰の捻転差があれば背骨の軸を中心に円軌道(インサイドイン)を描く。

 

私の場合、このクラブを振っているうちに力が抜けてくると、新体操のリボンがたるまないようによどみなくまーるく振っているイメージに変わる。グリップはゆるゆるで体幹はデンデン太鼓のようにしなり、右肘も鞭のように柔らかく使います。(正面から見てリボンの軌跡はバックの軌道よりダウンの軌道はその内側を通るイメージ)

 

しなりを感じるということは、力が抜けて最小の力で最大のトルクを引き出すということ。誰もが最後はここに行きつくんです。頑張りましょうね!


Archives

website by Cube Net