ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

飛ばすゴルフ ゴルフスイングに必要な前腕の回転

2015年09月16日

あまり前腕の回転(フォアアームローテーション)というのは日本で知られていないと思います。この動きはクラブをまーるく振る(インサイドイン)時にヘッドをスクエアに戻し、さらに目標の左へ振って、体の回転と同調させてヘッドスピードをUPさせるのに絶対不可欠な動作なのです。

 

ただスタンディングしているだけで野球のバッティングでも同じような動きが顕著に見てとれる。大リーガーに見られるホームランバッター(右打者の場合)の特徴はコースと打点の読みがいいことと、振っていくヘッドの円周ゾーンが広角的で自分のお尻のほうまで振り切る。

 

そのため体の回転もヘッドスピードもめちゃくちゃ速い。ここまで振り切るにはヘッドスピードの最高到達点をアフターインパクトに置いているのは確かである。その証拠に左サイド(左背中)の後方への引っ張りが強烈で右がおいてついていけない。よって右手を離してもフェースに乗せてスタンドに運んで行ってしまう。

 

この強烈なスピードの円軌道をサポートしているのは、体の回転と同調しているフォアアームローテーションがあるこそなんです。ゴルフスイングはなんら野球スイングと変わりありません。ただ前傾が加わっただけで、遠心力と求心力の協応したアラウンドモーション(Arounnd)=自分の周りをまーるく振る動作なのである。

 

いまさら言うことでもないが、ボールを打つとか上から打ち込むとかいうイメージは消し去りましょう!まーるく振ったら、たまたまボールを捉えて飛んでいっちゃったぐらいの方ががいいんですよ!G1に参加した皆さんもこの動きをマスターされて、飛距離を伸ばした方がたくさんいます。ぜひ実践してみてください!


Archives

website by Cube Net