ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

飛ばすゴルフ フリスビーで腰の切れを作る

2015年09月23日

日本キャンプではお馴染なので、知っている方も多いと思います。このフリスビースローイングドリルはスイングを構築する上でとても大切なんです。

 

普通フリスビーを水平に真っすぐ投げろと言われれば、なんとなく輪投げをするみたいに前方でリリースしちゃうとところがある。

「飛んでけ!」みたいな。 でもこれじゃ真っすぐ飛ばないです。

 

動画みたいに、胸の面を右に向けといて腰とフットワークのリードで捻転差を作って体を水平に回転させて、右腰の前でリリースしないと真っすぐ飛びません。リリースが前になるとフリスビーが左に飛びます。また左脇が空くので、上体(軸)が突っ込んで腰が引けやすくなる。

 

腰の切れっていうのは、左手親指と人差し指で右ポケットを掴み(これだけで胸の面が右を向き、腰が先行した形が自然に出来る)、左上腕内側をしっかり締めて左手甲が目標を向くタイミングでリリース。

 

※実際のスイングでは右肘が右脇腹前に絞り込まれるので、両手が右ポケットスレスレを通ることはない。左脇は締まってるけど、もっとフトコロがある

 

それに同調するように、両内腿を最短距離でぴったり付けて(風船を割る)小さく「ピッ」と速く回るイメージがある。そうすれば体重移動もラクラク!

 

左脇を締めて振るというのも実際分かっていない人が多い。これくらい体に引き付けて、インサイドから小さく回る感じでないと空いちゃうんです。スイングが直線イメージだとなおさらですね!

 

フリスビー投げる時はあくまでも体を回転する中で右腰の前でリリースするのがコツです!対人で練習する時は初め5m位の近距離から始めて下さい。出来るようになったら徐々に離れて練習しましょう!


Archives

website by Cube Net