ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ツッチーのいっちょ飛ばしたろうか (1) ハーフスイングで手を使わない打法

2015年10月28日

那須キャンプでおなじみのツッチーこと土田アシスタントコーチが得意分野の飛ばしを読者の皆さんに伝授します。

 

ピッチャー出身のツッチーは柔らかい肘の使い方と体の回転で効率的なエネルギーの放出をよく知っています。それでも以前は体の正面で手を思いっきり返して(フリック)で飛ばしていたので、タイミングがずれると大きく曲がっていました。

 

現在は改善されて、手の返しはほとんど見られません。ドライバー平均310ヤード、7番アイアンで190~200ヤード飛ばします。そして、今回は長尺ドライバーを手にして320~340ヤードという驚異の飛ばしを見せつけてくれました。

 

それに弾道が大砲みたいに良く上がるようになりました。いつもアダムスコットやジェイソンデイの弾道を見てましたが、そっくりです!またツッチーの良いところはオーバースイングでないところ。普通、ドラコンやるような人は結構クラブの遊びが大きいんですよね。

 

どうやって改善できたのかというと?ドライバーによる手を使わないハーフスイング(ライン出し)で、最初は距離を欲張らないでコントロールに徹してきたのが良かったのです。それには低い球を打つイメージを持つ。両脇を締めて(両腕で胴体を挟むイメージ)、グリップエンドをおへそに引き付けて小さく回ると腰が切れて、速く回転できます。

 

また、手を返さなくても円運動を信じて左へ振りきれば、フェースは閉じられるとイメージする。(分度器の軌道に対してフェース角はどこでも直角)そして、バックスイングは出来るだけ両腕の三角形を崩さずに胸とグリップエンド間のフトコロを感じてノーコックで上げて、切り返しでは一気にそのフトコロを縮めて、右肘を引き付けて小さく回転します。

 

G1理論でしっかりまーるく左に振りきることができれば、47インチの長尺(軽量ヘッド193g以下でバランスD4以内なら)も容易に打てます。

 

読者の皆さんも実践してみてください!ツッチーのいっちょ飛ばしたろうかシリーズ今後とも宜しくお願いいたします。


Archives

website by Cube Net