ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

曲げないゴルフ スポンジングインパクト

2015年11月04日

ラウンド中、アイアンが地面に突き刺さって抜けが悪い時って、何とも嫌な気分になる。

 

原因はいろいろある。力みからくるキャスティング、上体が開くアウトサイドイン、過度な縦振り意識で上から打ち込む(ダウンブロー)、両腕が胸の正面から外れているなどなど。

 

打ち込むのもすくい打ちもダメ!なら、どうしたら改善できるのか?アドレス時のシャフトの傾きに沿って右腰から左腰までの円軌道、つまり腰の高さのハーフスイングでボールだけ拾うスイングを目指すのだ!

 

インパクトは構えた位置(左太腿の内側にグリップエンドが戻る)戻って少しだけハンドファーストが理想。そのまま左向け左をすればフォローはへその正面にクラブがある。これが究極のシャロースイングだ!

 

シャロースイングは自分の正面に分度器の円周みたいな円軌道をイメージする。正面が12時で左が9時右が3時だとしたら、12時から11時の間にクラブのヒール側を滑らせる練習をします。(トゥ側を絶対接地させない意識があれば、トゥダウンが防げて構えた位置に戻りやすい)

 

最初は板の上で打つとわかりやすい。変に打ち込んだりすくい打ちすると跳ね返されて様々なミスをする。両肘が腰幅内に収まって体の回転でスイングすれば打てるようになります。これで手打ち防止にもなります。

 

次にスポンジの上で打ちます。アドレス時はすっぽ抜けそうなぐらいソフトグリップで持ち、フィニッシュまで持続します。バック→落下→フォアアームローテーション→レベルターンの順番を遵守します。落下からレベルターンの間は重心を低くキープして両膝を伸ばさないように軸回転を心掛けます。

 

決して右肘を伸ばして打ち込んではいけません。右肘でクラブを吊って曲げたまま、ヒール側で優しく包み込むようにボールだけ拾っていくスイングを身につけてください。


Archives

website by Cube Net