ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

曲げないゴルフ 遠心力を感じないと中心軸は定まらない

2015年11月10日

軸=頭を動かすなとかコマのようにクルッと回すとは言うけれど実際分かっていない人が多い。

 

実際打つのに夢中になったら、軸なんかそっちのけで、結果が早く見たいから体が突っ込んでいる人が多い。また頭を動かさないで球をじっと見ながら打つ人は、体を回転させないで手の返しに頼る人が多いので、荷重を右足に残したまま振る傾向がある。

 

私が理想とする軸というのは、背骨でも頭部でもありません。体幹そのものを太い軸として考えます。この真っ直ぐな太い軸を地面と直角に捻じって捻じり戻して、その場で回転すれば、かえって頭は動かないものなんです。よく受講生の皆さんは頭が動くか不動かに着目するけど、大事なことは体幹が歪まないで真っ直ぐ回れているかなのです。

 

体の回転を忘れて頭を動かすまいと神経質になると、捻転不足か体幹が横に膨らんでギッタンバッコンの原因になります。また、先天性の反り腰の人や体幹回りの筋力不足でフニャフニャしている人は日ごろから体幹を真っ直ぐ使うことを意識したほうが賢明です。

 

最近のプロはそのために体幹回りのトレーニングをしているのです。日頃からフィニッシュで背中が逆Cに反り込んでいる人は要注意です。腰や背中を痛める原因になります。(欧米ではInjury Taskの一環で背中を反るスイングは教えない)

 

動画に見られるように、通常のアドレス姿勢をとったら、板と背中で引っ張り合いながら回転すると、遠心力と中心を守ろうとする求心力の関係がよくわかります。

 

回転する前(切り返し)に、肩と腰の捻転差(胸を右に向けて腰をアドレスポジションに戻す。要するに下半身から捻じり戻した形)ができてから回転しないと遠心力は感じられません。

 

また内腿の間に緊張が生まれ、台形のものを股の間に挟みながら回転するイメージを持ってください。より一層コマのようにクルッと回るイメージが湧きます。そして、回転時に腰が据わって膝裏が伸びないようにすれば、左脇腹が後方に切れて股関節に荷重が乗っていきます。

 

軸というのは曲げないゴルフの最優先事項なので、しっかり意識して練習してみてください!


Archives

website by Cube Net