ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

距離のあるバンカーショット エクスプロージョン編

2015年11月25日

フェースを開いた時にバックフェースの下に三角形の山(凸)ができる。これって、フェース面が真上を向いてシャフトが右に傾いた(ハンドレイト)状態のことを指す。バンカーが上手くなるには、このバウンスシステムをよく把握しないと、いつになっても上達は望めません。

 

この形を維持して、素早くボールの下へ滑らせて砂をグリーンへ弾き飛ばす打ち方がエクスプロージョンです。砂の抵抗を加味して、同じ距離のアプローチのヘッドスピードの3倍が必要とされます。

 

安定した回転半径と加速をもたらすのは、支点と遠心力の関係。そして柔らかく滑らかなリストワークが必要。それがヘリコプターです(紐の先にスーパーボールのようなおもりを付け体の正面でグルグル回す)。

 

ダウン前半はヘッドの重み(自由落下をコントロール)し、インパクト付近で加速して一気にエネルギーを放出する。この時、腹筋と内腿の踏ん張り、左脇腹の後方への切れを使って加速します。ロングバンカーショットはこの3点が上手く稼働しないと、手打ちになりミスに繋がるので気を付けたいものです。

 

砂を弾き飛ばすイメージは砂に向かって打ち込むのとは違います。20cm×5cm位の長方形の木箱に入ったボールを横から水平に弾き飛ばす感じだと思ってください。


Archives

website by Cube Net