ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

曲げないゴルフ フリスビースローで正しいリリースのタイミングをつかむ

2016年01月06日

前回に続き、フリスビースローのおさらいです。昨秋の那須キャンプではこのフリスビースローが思わぬところで大人気?!というか、正しいスイングが理解できると、このドリルの大切さがわかったのです。

 

ベンホーガンの言う「Everything is Left Side」ゴルフスイングは左サイドの動きこそがすべて、すなわち左側を器用に使ってリードしろと言っているのです。

 

私も同感です。左が止まったら肩と腰の捻転差がなくなり、腕とクラブがヌンチャクのようにバラバラになり、ヘッドだけビュンッと走るだけのスイングになってしまいます。これでは安定しませんね。

 

フリスビースローはクラブを持っていないだけで動きはスイングそのものです。肩と腰の捻転差を感じて、左足の踏み込みと左脇腹のリードで引っ張り、左脇を締めて右腰の前でリリースする。腰の高さでリリースするので水平回転もしやすい。

 

これでリリースの瞬間に内腿と土踏まず間で何か太いものを挟む感覚で回転すると腰の切れ(要するに左脇腹の切れ)も生まれる。この時、左腕が胴体に巻き付くように左脇を締めて下りてくるので、レートヒッティングになり飛びに直結します。

 

ゴルフスイングは野球のバッターのように打点が体の前ではありません。逆に球を呼び込んで右腰の前でヒットする感じなんです。野球なら差し込まれてピッチャーゴロと言ったところでしょうか。

 

この寒いオフの時期こそ、このドリルでスイングを構築してはどうでしょうか?3~4mのスペースがあり、パートナーがいればできます。ゆっくりスムーズに綺麗な回転を心掛けてください。春にスイングが実りますように!


Archives

website by Cube Net