ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

たった1日でスイングがこんなに変わるレッスン  初心者編

2016年02月09日

実は1日じゃなくて、1時間ぐらいで直しちゃったんです。

 

元々重心の高い構えをしていて、上からヘッドをボールにぶつけてからすくっちゃう。初心者によくあるV字スイングです。

 

まず、おへそを引いてフトコロをとり、両肩の真下にグリップがくる低重心の構えにした。バックスイングで目線がボールから離れていくので、目をつぶって首の付け根(第七頸椎)とボールの距離を把握しながら、首から下(胸の回転)を捻転して捻じり戻すイメージをもたせた。同時に胸を回転させるとき、両腕の三角形は常に胸の正面にいるイメージも大切。

 

ボールを打つ意識を捨てる。体幹を捻じって捻じり戻す。この動きはスイング中止まらない。腕はデンデン太鼓の紐に過ぎない。30度前傾している体幹の周りをクラブでまーるく振るイメージが大事。その時、たまたまボールを捉えた。振っちゃってフィニッシュした後にボールが飛んでいく感じにした。

 

クラブを真っ直ぐ前方に放り出していました。胸の正面に両腕の三角形がいるということは、回転したら目標の左に振られるのが自然。ゴルフボールをサイドスローで投げてみる。両肘で両腰を挟んでいる感覚で左へ回転。グリップはへその前。ヘッドのソールで分度器の上をなぞる感じ(クラブのヒール側でボール位置の芝先をこすっていく)。

 

こんな感じで、打ちたい気持ちを抑え、素振りの感覚の払うスイングへ変えていきます。よっこらしょとクラブを担ぎ上げるトップではなく、頭を動かさずに体を捻じる感覚を覚える。捻転で体がぎゅっと締まれば軸が定まります。

 

マットでは打てるが、芝になるとからっきし打てない人が多いんです。それを芝の上(本チャン)でもきちんと打てるようにするのがG1理論。ブロックしている感覚を和らげ、理に適って納得するフィーリングをビシッと注入していきます。レッスン中はそれら動画を個々に収め、次なる指標とします。


Archives

website by Cube Net