ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

 なぜ飛ばす為には「体幹部と下半身の捻転差」が欠かせないのでしょうか?それにはちゃんとした理由があるんです。 

筋肉には、バネのように伸ばし続けると縮んで戻ろうとする性質があります。このメカニズムを「伸長―短縮サイクル」(Stretch Shortening Cycle)と呼び、言い換えれば「反動動作」の事です。

高くジャンプするには、低くしゃがみきる前に地面を強く蹴って反動を利用して飛ぶ必要があるというのは体験的に分かる人も多いはずです。

低くしゃがんでいる時は膝回りのバネが伸びきった状態、つまりパワーが貯まった状態。ジャンプする瞬間がそのバネが一気に縮む状態。

では、これがどの様にゴルフと関係しているのでしょうか。「 あの選手のスイングはバネがある」という表現をよく耳にします。

 バックスイングからトップにかけてお腹周りの筋肉が消しゴムを捻った様にグーっと伸ばされ、飛ばしのエネルギーが蓄積されます。

トップが完成する前に下半身リードで切り返し、反動動作を利用して巻き戻すことで、バネが勢いよく縮み、パワーが解き放たれて高速回転スイングになります。

つまり、 他の動作やスポーツにも共通しますが、動きが完了する前に逆方向に切り返す動きをすることで、よりパワーを物(ボール)に伝えることが出来るんです!

   

 

 


 ゴルフに「遠心力」というワードが頻繁に出てきますが、スイングと遠心力にはどのような関係性があるのでしょうか。 回転運動をする身体には必ず外向きに引っ張られる力「遠心力」が発生します。

 同時に、遠心力だけだとスイングしたらクラブが吹っ飛んでいってしまうので、遠心力の反対側の方向に「求心力」が生まれます。

 脱力し、ヘッドの重さをを利用することによって重力が作用して遠心力は感じられますが、求心力は飛球方向の反対側に中心軸を傾けることが求められます。

 スピードスケートや陸上競技の短距離走では、速く曲がる為にカーブ曲率に応じて身体を内側に傾斜させていますよね。

 ゴルフスイングも同じメカニズムで、トップから切り返しにかけて背骨が少し右側に傾いたままダウンスイングすることが必要。

 身体の回転速度が上がれば遠心力が増すので、それに耐える為の拮抗した求心力も必要なんです!



  

 

 


地面反力という用語を聞いた事ありますか?

 

地面反力は身体に作用する力の一つで、言葉の通り地面から得られる力の事です。

 

垂直飛びで例えてみると、高く飛ぶ為には低くしゃがんでから地面を強く蹴る必要がありますよね。当然ですが、身体が宙に浮いた状態で強く蹴っても飛ぶことは出来ません。

 

ある実験ではプロゴルファーの関節運動のボールへの貢献度を見た時、通常のスイングが100%なのに対し、椅子に座った状態で上半身だけでスイングをしたら約50%しかありませんでした。

 

つまり、それだけ下半身(地面反力)のスイングへの貢献度が高いということなんです。

 

板を挟むドリルにもある様に、内転筋の緊張を感じながらスイングをすると地面反力をいかしたスイングができます。

 

腕の力を頼りに上半身主動でスイングをしている人は飛距離アップの可能性がまだ十分にありますよ!


 


手を思いっきり振り上げて強引にヘッドを加速させようとしているゴルファーはすごく多いです。

高速回転スイングを実現させるには身体の末端のスピード(ゴルフではクラブヘッド)をいかに効率よく速く出来るかが、よりしなやかなスイングで高いパフォーマンスに繋がります。

 ほとんどの球技スポーツに共通しますが、ムチ動作の様に身体の中枢部から遠い部分にかけて速度が順々にあがり、効率よくエネルギーを伝達する動作パターンを運動連鎖といいます。

 実際にドライバーの飛距離に自信があるほとんどの人はムチ動作が適切に行われており、捻転差を有効化しています。

 ある有名なプロゴルファーを被験者にした研究によると、切り返しからインパクトにかけて、左腰→左肩→左肘→左手→クラブヘッドの順で加速する動作パターンであったという結果もあります。

 つまり、切り返しは左腰リードから始まり最後に手の順番に加速をするという事がゴルフスイングにおいて絶対条件なんです。

 サイドスロードリルの動画はまさにゴルフにおける運動連鎖です!

皆さんもぜひ参考にしてみてください。

 

 


皆さんこんにちは。今回から僕が専攻している運動力学(バイオメカニクス)の視点からG1流スイングについてつぶやいていこうと思います。
先日の動画にもありましたが、よく板橋コーチのレッスン中に回転力、捻転差、コマのようにクルッと、などなど捻転運動に関するワードがでてきます。それは一体どういうことなのでしょうか。
フィギアスケーターをイメージしてみてください。フィギアスケーターは両腕を伸ばしてバランスを取り、ジャンプでは踏切と同時に腕を畳んで高速で回転しています。腕を伸ばしたままでは高速回転ジャンプは出来ません。
身体の中心軸から遠いところに力(ゴルフでは腕と手)が加わると、慣性モーメントが大きくなってしまい体が回転しにくい状態になってしまいます。野球のバットをグリップ側で握るよりヘッド側を持って振ったほうが早く振ることができますよね。
ゴルフを含め体幹の捻転運動を伴う動きをするスポーツ全てに共通しますが、高速回転するには手と腕の脱力は必要不可欠なんです。
羽生結弦選手がゴルフをしたら体の回転にものすごいキレがありそうですね笑


Archives

website by Cube Net