ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

板橋 コーチとタックンがスイング軸・荷重移動・地面反力の関連性について学んでくれていて、非常に頼もしい限りです。

 

G1の理論もクラブの進化とともに少しずつ変化が見られます。以前はダウンの切り返しで、胸が開かないように左腰を左足外側の垂線上までバンプさせてからターンしていました。荷重の移動幅は大きく、ボールはドロー一辺倒というぐらい捕まる球を追求していました。

 

それがクラブの低重心化とソール形状の変化とともに、上からではなく、クラブを体の後ろから低くまーるく振るスイープ打法に変化。すると当然、今までより右軸、ボールの右側で回転するイメージとなり、荷重移動は少なくなる。

 

バックスイングで右足太腿に荷重して股関節に入れることが大事です。それには胸が右に回転し、胸骨が右足土踏まずの内側垂線上まで来ることが大事。それが、右足を超えちゃうようだとスエーなので注意したいですね!

 

これもキーポイントですが、トップ時の左頬の角度を変えないで、左頬と胸骨は1cm足りとも左方向へ動かさないつもりで、下半身リードで切り返します。右足股関節がはまったまま、左足は低く踏み込み、右膝はキックインして、お尻がぐーんっと5cmぐらい下に下がります。

 

よく板橋 コーチが言っている、大きな重い扉を右から左へ開く時の動作がこの形で、上体は右に置き下半身を低く踏み込んで、上下の捻転差を感じながら体幹の捻り戻しでクラブを引っ張ってくる。ドライバーに必要な浅い入射角でヒットするためのモーションです!

 

この動きは訓練したいですね!上下の捻転差を感じた後は、その場で回転してスーッと立ってください!左足土踏まずの内側でくるっと回る感じです。

 

ぼくはこのスイング軸ドリルを感じられるようになってから、くるっと回転しやすくなりました。ボールの回転数も抑えられ、安定した弾道で飛ばせるようになりました。ぜひ練習してください!

 


こんにちは、ツッチーです!

 

板橋 コーチの推奨する8フィギュアのリズムでヨシユキさんがスイングしているのと同じで、僕もフットワークを大事にしています。

 

それは皆さんが想像している、「右〜左〜」みたいな長〜くしっかり体を回すのと違います。腰を横に振って足踏みしてタップするようにテンポのいいものです。

 

前方から反動を使って右足踵を強く踏み込んだ時に、クラブがスパンッと上がってバックスイング。そしてトップにクラブを置き去りにして、左足踵を踏み込むと同時にスイングしていきます。実はこの動きによりしっかり地面の跳ね返り(床反力)を使っているんですよ!

 

このテンポで上がっていくとスエーしたり腰が回りすぎることもなく、程良く肩と腰の捻転差が生まれ、タイミングよく左へ踏み込んで行けます。この時、トップ時の左頬の角度を変えずに、右半身は真下にグッと沈み込み、左半身は低く左へ踏み込みます。頭も一緒に左に流れないように注意しましょう。

 

足を使ってスイングできると、上半身がリラックスして腕がしなります。クラブが巻きついてインサイドから下りてくるので、ヘッドスピードが増して飛ぶようになります。ぜひ参考にしてください!


アマチュアの皆さんのスイングをみていると、殆どが自分からボールに当てにいっちゃうスイング。いつも残念に思います!

 

一生懸命ボールにスクエアに当てようとすればするほど、ボールに合わせに行くから、リアクションで手が返ったり、押しちゃったりするので様々な球が飛び出します。

 

自分が思うに、スイングタイプは5つあると思っています。

 

①ボールを上げようとするキャスティング型スイング
②ボールを前方に押すプッシュ型スイング
③上げて下ろすV字型スイング
④肘と手首を巧みに使ってヘッドスピードを増すヌンチャク型二重振り子打法

 

殆どのアマチュアの皆さんはこの4つに属し、①と②は初心者に③と④は中級者以上によくみられます。G1が推奨するスイングはこのいずれにも属しません。どれも手打ちだからボールに合わせにいってしまいます。

 

G1推奨の第5のスイングは、トップに振り上げたら背中越しを感じて真後ろにハンマーを放り投げるような遠心力打法です!体幹の捻転捻り戻し中心の打法と言えます。ですから、ボールを凝視して当てに行くスイングと違い、あまりボールには固執しません。まーるく背中越しに振ったら、たまたまそこにボールがあり、とらえていったが正解です。

 

これはゴルフに限らず、あらゆる投打スポーツのエキスパートに見られる動作で、背骨を中心に体幹の捻転及び捻り戻しを使って一貫したスイング軌道を作り出しています。だから上級者は体幹トレーニング(柔軟性・バランス)が欠かせないのである。

 

効率的なスイングは、トップからいきなりクラブを振るんじゃなくて、腰の高さの水平姿勢に落下してくるまで、上体の開きを我慢して下半身のリードでクラブを引っ張り、背中越しにクラブを放れる体勢(4:30のポジション)になったら、体幹の捻り戻しに同調するようにクラブを低くまーるく振っていきます。

 

背中とヘッドは遠心力を感じて引っ張り合いながら回転(背中を入れ替える)し、最後までヘッドはFree a Round(自由に動きたいのを制御しない)することが大事。すっぽ抜けない程度のソフトグリップをフィニッシュまで維持します。

 

ボールに固執しない、合わせに行かない。最後まで振り切るスイングを目指しましょう!


僕は世界のトップクラスのドライバーの飛球を見るように心がけ、しばしばトーナメントを見に行きます。

 

見た中で凄いなと思ったのは、ジェイソンデイ、アダムスコット、松山英樹選手です。明らかに他の選手と違い、出球が高く大砲のような弾道。すぐに僕の目指す球はこれだなと思いました。

 

なぜ回転数を抑えた高弾道の球が打てるのか?最下点を通過して上り際にフェース上部でヒットしているからなんです。少しアッパーの軌道で捉えています。

 

自分はヘッド軌道上の最下点に戻すつもりで振っています。ボールには見向きもせずに自分中心の真ん中に戻すつもりなら、打とうという気持ちもなくなり、左に突っ込むミスが抑えられます。

 

自分のセンターにヘッド戻すというのは、ボールからヘッド一個分後方の事で、顎→右肘内側→右膝→ヘッドと一直線に重なるイメージをもち、シャフトもストレートです。

 

これでビハインドザボール(ボールの後方でインパクト)のイメージができましたが、これだけではダメなんです!ここから頭がどうやって上がっていくかがポイントなんです!

 

僕の場合、飛球線前方2m辺りをいつも横目で意識しています。トップからアフターインパクトまで左頬の角度を変えないで、背骨を中心に背中を入れ替える意識を持ちます。フォローではグリップエンドとヘソが正対し、ヘッドと左頬(遠心力⇄求心力)で引っ張り合う感覚がある。

 

ここまで横目でシャフトが出ていくのを見ていて、そこから右の肩甲骨で顎が押し上げられながら飛球線に沿って上がっていくと両肩がきれいに抜けてバランスよく左足の上で立てるんです。

 

飛ばしに役立てる情報まだまだ載せていきます。是非参考にしてください!


皆さんツッチーです、お久しぶりです!

 

今回のテーマは脇を締めてフォローで飛ばす!実は僕にとっても最重要課題がコレです!スイングが悪くなると脇が甘くなって体の回転で振れなくなるんです。ここでも説明していますが、クラブを前で捌きたくなるからフックが出るんです。

 

脇を締めて振るということは常にクラブが体の正面から外れないということだから、まずフォローでへその前からグリップエンドが離れないことに注意しています。

 

それを基準に、インパクトの形を作っておいて、アフターインパクト(正面から見て時計の5~4時の間)からへその正面までの間にMax Head Speedが来るように回転スピードを調整しています。僕の場合、両肘と両腰が向き合って、一緒にくるっと腰を切るイメージで振っています。

 

バックスイングなしでボールを前方に飛ばす練習はベストです。体幹が歪んだり、脇が空いたら絶対に打てません。すくい上げたらきっと1mも飛ばないでしょう。フェースの面を変えずに体の回転で低くまーるく、ソールで芝を擦っていくぐらいでないとボール浮きません。小手先が効かないので、ぜひ挑戦してみてください!

 

動画でも説明しているように、脇を締めて下ろして来るには体の使い方も大切。ダウンスイングは胸の面が開かないように左手で右ポケットを摘んで右腰を押し込みながら回すイメージが大切。その時の左脇の密着感(左腕が胴体に巻きつく感じ)はとても重要!

 

右手はトップの右肘の角度を変えずにクラブを重さを感じて脇腹前に落下、そこからはサイドスローに切り替わるが、フォローでへその前に来るまで、絶対右肘を伸ばしてはいけない!

 

また両脇を締めるときは胸郭を縮めて、背中がまーるくなるのが正解。胸を張ったらたちまち前傾が起きて腰も伸びてしまい、ヘッドから先に地面を叩きつけてしまうでしょう。胸郭を縮めて腹筋が収縮すると、下半身がグッと地面を押さえ込む力がハンパないですから、是非この使い方を取り入れてみてください!


Archives

website by Cube Net