ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

これを見たらあなたのスイングが手打ちかボディターンのどちらでスイングしているか一目瞭然!

 

残念ながら、殆どのゴルファーは前者でスイングをしています。バックスイングしたら、誰もがボールに向かって打ち付けたくなるのは当然の心理。要するに上げたら下ろせばいいんだ!って思うんです。

 

ゴルフ以外の投打スポーツの経験者ならこちらの説明で大方ご理解していただけると思いますが、力の伝導というものは足裏を通して地面から力をもらっています。よって捻転した体を下半身から解きほどき(左足の踏み込みと右膝のキックイン)、順々に体幹→腕→道具へとパワーを伝達していきます。これを動きのsequenceと言い、投打スポーツの一流選手は一貫性のあるsequenceでスイングフォームに流れがあるのが特徴です。

 

トップからクラブの落下に伴い、右手のひらが真上を向く感じで右肘を脇腹前に絞り込んでくると、クラブは体に巻きついてリリースのタイミングを遅らせることができる。回転軸をブラさずに手元を引きつけて小さく回転し続け、左胸がしっかり後方に引かれたあたりでインパクトを迎える。トップから打球直前まで粘りに粘って時間差(タメ)を作れると角速度が上がり、打球後の回転力が一気に向上!飛ばないわけがないでしょ!

 

トップから直線的に行かないように、クラブを持たないシャドースイングで体に染み込むまで練習してください。お願いします!


効率の良いスイングとは一体どのようなスイングのことをいうのか?

 

普段皆さんからよく頂く質問も交えながら

 

・なぜクラブは丸く振るのか?
・タメってどうやったらできるの?必要なの?
・なぜトップからクラブは落下して4時半からインパクトに向かうのがいいのか?
・なぜハンマー投げのイメージがいいのか?

 

これまで縦振りスイングを追求してきた方には大いに疑問があると思う。

 

全ては慣性モーメントを小さくして(腕が回転軸から離れないようにクラブを巻きつけて)回転をしやすくするためである。他の投打スポーツでも同じような共通点が見られます。体の小さい日本人は回転力をつけて、自分に適したクラブを使い、一貫性のある動きで飛ばしを追求する。これに限ります!

 

参考にして頂いて堅実なゴルフを目指してください!


G1の動画では「胸の回転」って言葉がよくでてきますね!実は始動から胸が動かないと手打ちになってしまうんです。手で上げたものは必ず手で下ろしてしまいます。

 

胸の回転は単に体を捻じり上げるだけでなく、動画のように胸の正面にフェースを感じることなんです。胸とフェースでT字(直角)をイメージ。胸を右に回したらフェースが開いた感覚、左に回したら閉じた感覚。でも円軌道上に乗せたらいつでも円周と直角なんです。

 

このでかいフェースを胸に当てて右に回したら背中越しを感じて、下半身からゆっくり巻き戻します。捻転差ができたところで、背骨を中心に胸と背中を入れ替えてやるんです。クラブを持っても両腕の三角形の正面にY字があり、胸とフェースのT字(直角)の関係は変わりません。回転椅子に半ケツに座り、この動作して見てください!よくわかりますよ!

 

ここに「接線」というワードが出てきました。円と直線が一点で交わる。その時の直線を「接線」と言います。ここでの直線はトップから右前腕を回外させながらクラブを後方に倒して垂直落下させた時にできる角度で、自分を真上から見た時にその角度が4時半なんです。シャフトの内側は体側に引きつけています。要するにここからまーるく振っていく入り口のようなもの。

 

実はフェース角を意図的に円周上に沿って直角に振ろうとするのは間違いです!簡単にフェースが返ってしまいますし、上体も突っ込みやすくなります。フェース面は4時半方向の接線を向いて、胸の面を残して下半身が先行しながら回転します。今まで感じなかった、胸の面の残像感、ボールを見る角度に変化が出て、背中越しを感じて回転できるはずです。

 

ただし円と接線が交わる接点より前にフェースを突き出してはいけません。振り遅れてスライスします。左サイドのリード(左胸を後方に引く動作)で右肘を引きつけて曲げた状態で、フェース面が接線を向きながら回転すれば、ゆっくりであるが必ず左足の前でフェースは直角になり、さらに回転していけばフェースは閉じられます。

 

まずはテニスラケットクラスで試して見てはいかがでしょう!僕の言っていることがわかるはずです。フェースにボールを乗せて運ぶようなショットを期待しています!


前回の動画で左手首内側とシャフトでできる逆くの字のまま落下させてハンドファーストインパクトを形成する話をしました。

 

アマチュアの皆さんの場合、ほんのちょっとのくの字イメージでは、全然ハンドファーストではなく、左手首が折れ曲がってインパクトしてしまいます。よってかなりの角度を必要とする。本来なら140~150度位で十分な角度だが、90度くらいのつもりでないとハンドファーストにはならない。理想と現実は違うのである!

 

逆くの字90度の角度で下そうとすると、椅子に腰掛けるぐらい沈み込んで右サイドを低く押し込まないと、ヒール側が地面に接地して滑らせることは不可能です。よって短尺クラブで打つとか、超低重心ハンドダウンスタイルで練習すると、その感覚がよくわかる。

 

これらもトップから胸の面を開かずに(なるべく右肩を前に出さない)、下半身のリード(左足踏込みと右膝キックイン)で捻転差を感じながら、左手首内側とシャフトでできる逆くの字をキープしてヒール側から接地。接地と同時に左胸を後方に引きながらフェースの上にボールを乗せる感じで、左肘を招き猫スタイルで振り抜いていく。

 

特に短尺クラブでボールを上げるのは至難の技。しっかりインサイドから下ろせないとトップボールの連続です!トップから切り返す時に右手のひらを真上に向けるつもりで落下しながら右肘を脇腹前に絞り込み、クラブを後ろに倒しながらシャフトの内側が腰回りに巻き付くように下りてくる。この時、右腕上腕部分をペンキのローラーだと思って、胸の周りを転がすイメージを持って左胸を後方に引っ張ると、凄い球が打てるぞ!

 

これくらいの低重心だと低いところから低いところへ(シャロースイング)振り抜くのでゾーンとして振っていく中でたまたまボールを捉えた形になるが、伸び上がってインパクトすると点で終わりフェースが返りやすくなるので安定しない。

 

D.ジョンソンになったつもりで低く押し込んだハンドファーストを目指しましょう!分厚くボールを押せるのでめちゃくちゃ飛びますよ!もうそろそろヘッドをビュンビュン走らせても意味がないことがわかるようになったかな?


アマチュアの皆さんにとってハンドファーストインパクトは永遠のテーマである。やってるつもりでも殆どの方ができていない。相当な角度をイメージして特訓しないと中々できるもんじゃない。

 

グリップの強さも影響していると思う。ギュッと半端でない力で握ってハンドファーストにすると右にしか飛んでいかないイメージが焼き付いてしまう。いつも言っていることだが、グリップはドアノブをカチャカチャ回せるぐらいの強さが妥当である。

 

今回のテーマは左手首内側とシャフトでできるくの字をキープしたまま、ヒール側を落下させてハンドファーストインパクトを形成することである。ハーフスイングのトップからなるべく右肩を出さないように、シャフトの内側が腰回りに巻き付くように、下半身のリード(左足の踏込みと右膝のキックイン)で下りてくる。くの字を90度くらいキープしたまま落下させるには、右半身を低く押さえ込めないと、ヒールから接地できない。これまでよりかなり低重心インパクトに感じるはずだ!

 

接地後は左頬の角度を変えずに左胸を積極的に後方に引き、フェースにボールを乗せてみよう。正面から見て左肩からヘッドまで一直線になり、フラットリストが形成できれば方向性抜群、手打ちを防止できる。後方から見た時に左手首が甲側に折れないようにしたい。また、左頬とヘッドがフォローで少しでも引っ張りあえてエクステンションを感じてくれるといい。

 

SWから7番アイアンまで左手一本で打てるようにしたい。左サイドが動けるとフェース面を変えずに体の回転で打てる。最初はティーアップのボールをナイスコンタクトできるようにしたい。ボールに合わせにいくとゴムティーを叩きます。顎の位置を高くキープして、なるべく右肩を前に出さず、くの字をキープして横から払うように心がけるとクリーンヒットできます!

 

このドリルを根気よくやることによって、体の回転でフェースに乗せて運ぶ打ち方をマスターできます。いつまでも引っ叩いていたら上達が遅れますよ!


Archives

website by Cube Net