ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

おとといの晩から昨夜夜半まで降り続いた雨は降水量1.5m位になり、ニュースでは年間雨量相当の雨と言っている。

何処かで崖崩れや道路陥没しているらしい
今朝見に行ったら、サッカーゴールの半分位まで水かさが増していた。いつも散歩している池周りのウッドデッキの所まで来ている。池の水は3m位上昇して、危険な状態だ!

呑気にカヌーを漕いでる人も。

洪水で恐ろしい生き物まで!

この地域の道路は全部閉鎖、学校関連も緊急閉鎖、暫く買い物にも行けないだろう。この水の中を脱出しようとしたら、ヤツ(Bull Shark)の餌食になってしまう!

日本からレッスンを受けに来ようとしていたお客様も上手いタイミングで回避出来て良かったです。





前回の右肘直角スイングの動画見て頂けたでしょうか?肩と腰の捻転差を感じて、その右肘の使い方ができれば、あとはタイミングよくリリースして右腰横(自分から見て)4:30に落とすだけ!

 

でも勢いよく落とすんじゃなくて、一貫して同じところに落としてから回転するには、肘と手首を柔らかく使い、クラブの重さを感じて落下させないできません。

 

落下の際はシャフトが背中に沿って落ちるのを感じながら、シャフトを右に回しながら右肘を絞り込む。前回の動画にもあったが、右手で出前持のトップを作っておいて、上から落ちて来るボールを右腰横で右手のひらで受け止め、重さを吸収する感覚と同じだ。

 

クラブをリリースした後は、バスケットボールを横投げ(サイドスロー)するイメージで回転し、背骨がスッと立ったフィニッシュへ持っていきましょう。このドリルを練習したら、今度はクラブを離さないで最初はできるだけゆっくり、等速度位のスピードで、ナイスコンタクトを目指して振ってみましょう。

 

体が開いて早期に荷重移動したらゆっくり振れません。ダウン初期は胸の面が開かないように、右荷重で椅子に腰掛けるように少し沈み込み、インサイドアタックを心掛けてください。慣れてきたら、ダウンの落下速度は変えないでインパクト以降の回転力をアップをしてください。気持ち良く振れることでしょう!

 

協力してくれた、みゆきさん(平均スコア90台)もこのドリルで一気に飛距離を伸ばしました。30ヤードくらいかな!とにかく弾道が違います!右サイドの使い方が柔らかくなると、捻転差が使えてクラブをタメて下ろせるから回転力が一気にアップします。皆さんも挑戦して見て!


最後の週のホリデー。ブリスベン近海のモートン湾に行ってきました。島周りの浅瀬にマグロやカツオ、サワラがあちこちに大群で群れています。

 

3年越しの夢に向かってロングテールに挑戦!いろんな種類のマグロ釣ったけど、これを釣りたかったんです。日本で言うとクロマグロの子供で少し尾っぽが長いタイプ。

 

魚は釣れるけど、他の魚種ばかりで焦りがつのる。朝方に一発デカイのバラしてから運がなく、夕方まで粘る。進行方向にタイミング良くルアーが入った瞬間、キターッ待望のアタリ!

 

10分間、腰が痛くなりそうな体勢で釣り上げたのは、10kgくらいのロングテール。さすがマグロで同じサイズのカツオより3倍くらい引きが強く、また粘りが凄い。船長の龍君の指示がなかったら、完全にバラしてました。やったぜ!


板橋さん
先々週のオーストラリアではお世話になりました。

その翌週に出張でタイに行ったのですが、時間を見つけてラウンドした際に人生初のホールインワンを達成しました。175ydを6Iで習ったフェードボールで打ち、インパクトの瞬間に手応えがあっていけたと思いました。高さも曲がり幅もイメージ通り完璧な弾道を描き、2バウンド目でカップイン。

運もありますが、早速特訓の成果が出て嬉しいです。ありがとうございました。

ゆたかさんより


地面反力という用語を聞いた事ありますか?

 

地面反力は身体に作用する力の一つで、言葉の通り地面から得られる力の事です。

 

垂直飛びで例えてみると、高く飛ぶ為には低くしゃがんでから地面を強く蹴る必要がありますよね。当然ですが、身体が宙に浮いた状態で強く蹴っても飛ぶことは出来ません。

 

ある実験ではプロゴルファーの関節運動のボールへの貢献度を見た時、通常のスイングが100%なのに対し、椅子に座った状態で上半身だけでスイングをしたら約50%しかありませんでした。

 

つまり、それだけ下半身(地面反力)のスイングへの貢献度が高いということなんです。

 

板を挟むドリルにもある様に、内転筋の緊張を感じながらスイングをすると地面反力をいかしたスイングができます。

 

腕の力を頼りに上半身主動でスイングをしている人は飛距離アップの可能性がまだ十分にありますよ!


 


Archives

website by Cube Net