ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

今日は良い天気で、小春日和のようでした。午前中は半袖で、夕方近くになったらフリーズが必要になるかんじです。

参加者の皆さんはみな「タメて打つ」ことに興味津々。そうなると右肘の柔らかい使い方になります。4時半というのが思ったより内側から急角度でシャフトが水平より10cm垂れて下りてくるので驚かれています。しかし、イメージシャフトで振ると、丁度これでゴムティーを一貫して当たるポジションだということを実感されました。

明日から二日間は休養日です。じっくり休んで体整えたいと思います。


那須キャンプ始まりました!朝から生憎の雨で、どうなるかなぁと思いましたが、10時ごろにはスーッと上がりました。

やっぱり那須は特訓のイメージがある、時間的にも打球数も圧倒的。

レッスンの始めから、ハンマースローで背面に放り投げるイメージを植え付ける。また、水平素振りの右手甲の裏面ヒットで右肘の使い方を学ぶ。

皆さん、一変に上達してしまいました。朝の挨拶で「今日はおみやげを持って帰ってもらいます」と言った通りになったでしょ!


G1スイングの習得には円軌道の外側に飛び出そうとする遠心力に対し、等しい力で中心に引きつけて軌道をコントロールする求心力を知ることである。正確かつ飛ばせるスイングはヘッドと背中で引っ張り合いながら背骨中心の回転を必要とします。

 

インパクト時には構えた位置にしっかり戻せるように、グリップは必ず両肩の真下を通過し、フォローではへそとグリップエンドがかなり近いところで向き合うようにします。

 

インパクトに向かって両腕が前に伸びてボールを打ちに行く動作は、ヒモに重りをつけてグルグル回した時にヒモが切れて前に飛んでいっちゃった状態と一緒でコントロール不能になります。

 

常々言っていることだが、「お子さんの両手を掴んでグルグルまーるくスイングしてやるとします。人間メリーゴーランドです!お子さんが前にすっ飛ばないように均しい張力が働き、しゃんとした背中とお子さんの足先で引っ張り合いを感じながら回転します」

 

ゴルフスイングってこんな感じなんですよ!それを最後に背面に放り投げちゃう(実際お子さん投げちゃだめです。ここだけの話)つまり自分の体幹が回らないと始まんないんです。それに比べクラブは軽いからグリップはソフトで遠心力がかかった時に指の隙間からすっ飛んでっちゃうくらいでないといけない。

 

そしてヘッドスピードが最大になるのはインパクトを過ぎた辺りで、(自分を中心に真上から見た時計をイメージして12時から9時の間)回転力もその辺りがMAXになる。

 

ヘッドからビュンビュン振っているようでは、いつになっても一貫性のあるスイングはできません。曲げないゴルフの追求には軸を感じてまーるく振って遠心力と求心力のバランスを知ることが大切です。


学芸大レッスン1の全日程が終了しました。ご参加頂きました皆様、どうもありがとうございました。あっと言う間の4日間でした。

 

疲れました。帰りの電車の中ですが、気がついたら途中下車する駅の6つも先に行ってました。ココから12/1まで突っ走りますが、頑張んないとね。

 

学芸大レッスン2は10/29-11/3です。実は学芸大レッスン3が年末にございます。11月初旬に告知予定。

 

今週木曜日から那須キャンプ。用意はいいですか?気合いれていきます!

 

レッスンの模様は引き続き、Instagram で紹介して行きます。フォロワーの方よろしくお願いします。絶対見ないと損です!

Instagram 検索 goldonegolf


今回も日本各地から、北は北海道から沖縄、長崎、愛媛、岡山、大坂などなど遠方からご参加頂いています。

 

凄い情熱だなと思います。それに答えるのが、板橋です!

 

インドアはお一人5回までレッスンを受けられるので、スイングの構築には最適です。球数も相当打てます。また各地キャンプレッスンの前にお受けになる方が非常に多い。基本から応用、実戦とステップアップが狙いでしょうが、このパターンは正解です。

 

各地キャンプ前にインドア等でスイングを固めてからをお勧めします。

 

Instagram にてレッスンをご紹介しています。まだ見ていない方は、はっきり言って損です!フォロワーよろしくお願いします。

Instagram 検索  goldonegolf


Archives

website by Cube Net