ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

秋季那須キャンプアドバンスコース8日目

2016年10月12日

アシスタントコーチのツッチーです。今日になって一気に冷え込んできたように思います。

今回はパターのストロークにも重点を置いています。それはズバリ「押し」です。ボールをしっかり押せないと順回転で転がらない。だからこそフォローで右肘は伸びて、左脇は自然に空いてくのが正しいストロークになります。

基本の振り幅は胸骨の振り子とグリップエンドで作り、バック1:フォロー2の割合がベスト。バッスイングしたらヘッドの戻りを感じてから右肘を伸ばしていき、スムーズな加速を心掛けます。それに同調するように、左肘と左手甲は「あっち行け」のモーションで右手の押しをアシストしてやります。

これができるようになると、ロングパットのショートが一気に矯正され、スムーズな転がりで止まりそうでカップ付近でスーッと伸びるようになります。

S.Tさん  「バッスイングは真上に上がるように心掛け、回転は首から下をまわしましょう」

W.Nさん  「低くまーるく振れるようになりました。good swing!」

I.Tさん  「頭の突っ込みが矯正されました。good swing!」

S.Mさん  「インサイドにあがるバックスイングに気をつけて。ノーコック&ワイドアークを心掛けて!」

H.Sさん  「低いアプローチ最高です。nice クリック音!スイングもBig Change !」

K.Yさん  「QuickテークバッグはNG!ゆったりスムーズなワンピーステークアウェイを心掛けましょう」


Archives

website by Cube Net