ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

秋季那須キャンプベーシックコース7日目

2016年10月26日


新米コーチのタックンです。今日は半袖でプレーできるくらい暖かい日でした。昨日の極寒はなんだったのでしょう?

ダウンスイングで4時半からクラブを引っ張るとなると、それならバックスイングもクラブをインサイドに引いちゃえばいいんだと考えてる方が実に多い。

てもこうすると、右肘が背中側まで引けてしまい、フトコロが潰れてしまう。これで打つと右手でぶっつけ打ちになって、低いフックボールを打つことになる。

バックスイングは両腕の三角形を崩さないようにノーコックでフトコロをキープしながら背中の大きな筋肉で遠心力を感じながら上げて、右腰横に来た時にトゥーが上を向いていたらOKです。皆さんも気をつけましょうね!

S.Eさん「低くまーるく振るスイング実践していましたね!バックでフトコロを感じて下さい」

S.Yさん「胸の回転でフトコロを作り、その場で回転して下さい」

O.Mさん「股関節を曲げて、手首とクラブに角度をつけて構え、上げる時に伸び上がらないように気をつけましょう」

T.Nさん「右肘の絞り込みとヒール先行でインサイドアタックができてます。力強い球が打てるようになりました」


Archives

website by Cube Net