ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

左サイドのリードを覚える アプローチの左片手打ちドリル

2017年02月11日

1週間のトレーニングコースに参加したジミーさん(69歳)。

 

アプローチの時に右手でボールを突っつきにいく傾向があり、トップボールがよく出ていました。多くの皆さんがグリーン周りの大事な場面でこれをやって泣きを見ているはずです!

 

これは緊張のせいもあるが、単なる右サイドが強いだけなんです!実際、右肘でクラブを吊って曲げた状態(右サイドが悪さをしないよう最初から作っておくことが大事)で、左サイドのリードでクラブをまーるく振ってしまえば、絶対ミスなんかしません!

 

ジミーさんに向いているドリルは、上げる時に補助的に右手でピックアップしてあげて、タイミングよくクラブを放して左手でまーるく振るドリルです。コレは手で上げられないんです!胸の回転と一緒に右隣の人と握手するタイミングでピックアップします。

 

そこからは左手一本でシャフトが太腿周りに巻きつくように左手首のコックをキープしながら下ろし、クラブのヒール側が地面を擦った後、左手甲を折らずにフェースの面にボールを乗せてやるイメージで振れば、右手をタイミングよく放すことができるし、体の回転で打てます。

 

前述したように、右肘でクラブを吊って曲げた状態でクラブを放し、回転していけば、フォローで腰の前で前へならへができます。これが体の正面で振るという感覚です。

 

ジミーさん、この練習でアプローチの怖さがなくなり、ふわっと柔らかい球が打てるので、エンジョイしています。皆さんも参考にしてください!


Archives

website by Cube Net