ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

新米コーチ タックンのゴルフ身体動作学 (1) 慣性モーメント

2017年03月02日

皆さんこんにちは。今回から僕が専攻している運動力学(バイオメカニクス)の視点からG1流スイングについてつぶやいていこうと思います。
先日の動画にもありましたが、よく板橋コーチのレッスン中に回転力、捻転差、コマのようにクルッと、などなど捻転運動に関するワードがでてきます。それは一体どういうことなのでしょうか。
フィギアスケーターをイメージしてみてください。フィギアスケーターは両腕を伸ばしてバランスを取り、ジャンプでは踏切と同時に腕を畳んで高速で回転しています。腕を伸ばしたままでは高速回転ジャンプは出来ません。
身体の中心軸から遠いところに力(ゴルフでは腕と手)が加わると、慣性モーメントが大きくなってしまい体が回転しにくい状態になってしまいます。野球のバットをグリップ側で握るよりヘッド側を持って振ったほうが早く振ることができますよね。
ゴルフを含め体幹の捻転運動を伴う動きをするスポーツ全てに共通しますが、高速回転するには手と腕の脱力は必要不可欠なんです。
羽生結弦選手がゴルフをしたら体の回転にものすごいキレがありそうですね笑


Archives

website by Cube Net