ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ツッチーのいっちょ飛ばしたろうか Vol.17 脇を締めてフォローで飛ばす!

2017年07月26日

皆さんツッチーです、お久しぶりです!

 

今回のテーマは脇を締めてフォローで飛ばす!実は僕にとっても最重要課題がコレです!スイングが悪くなると脇が甘くなって体の回転で振れなくなるんです。ここでも説明していますが、クラブを前で捌きたくなるからフックが出るんです。

 

脇を締めて振るということは常にクラブが体の正面から外れないということだから、まずフォローでへその前からグリップエンドが離れないことに注意しています。

 

それを基準に、インパクトの形を作っておいて、アフターインパクト(正面から見て時計の5~4時の間)からへその正面までの間にMax Head Speedが来るように回転スピードを調整しています。僕の場合、両肘と両腰が向き合って、一緒にくるっと腰を切るイメージで振っています。

 

バックスイングなしでボールを前方に飛ばす練習はベストです。体幹が歪んだり、脇が空いたら絶対に打てません。すくい上げたらきっと1mも飛ばないでしょう。フェースの面を変えずに体の回転で低くまーるく、ソールで芝を擦っていくぐらいでないとボール浮きません。小手先が効かないので、ぜひ挑戦してみてください!

 

動画でも説明しているように、脇を締めて下ろして来るには体の使い方も大切。ダウンスイングは胸の面が開かないように左手で右ポケットを摘んで右腰を押し込みながら回すイメージが大切。その時の左脇の密着感(左腕が胴体に巻きつく感じ)はとても重要!

 

右手はトップの右肘の角度を変えずにクラブを重さを感じて脇腹前に落下、そこからはサイドスローに切り替わるが、フォローでへその前に来るまで、絶対右肘を伸ばしてはいけない!

 

また両脇を締めるときは胸郭を縮めて、背中がまーるくなるのが正解。胸を張ったらたちまち前傾が起きて腰も伸びてしまい、ヘッドから先に地面を叩きつけてしまうでしょう。胸郭を縮めて腹筋が収縮すると、下半身がグッと地面を押さえ込む力がハンパないですから、是非この使い方を取り入れてみてください!


Archives

website by Cube Net