ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

左サイドのリードが大事!バックスイングで前腕を回内させてオンプレーンに導く

2017年09月04日

バックスイングに迷ったら、この上げ方がベストです!例えば、トップでシャフトクロスする人、オーバースイングの人、力が入っちゃう人など、どんなふうに上げたらいいか全くわかんない人はこの上げ方を参考にして頂きたい。

 

動画に出演しているのノリフミさんの場合は、左腕をぐーっと遠くに伸ばして上げる傾向があったため、その反動でフェースシャットと頭部のスエーを起こしていたが、アィーンの柔らかい肘の使い方で両方とも修正できました。

 

右利きの人も左サイド(左腕)で上げられるようになると、上記のような有害な動作が無くなりますが、バランス的に右が圧倒的に強いと、スエーや遠心力の低下でクラブが体の正面から外れて、ただ地面を叩きつけるだけのスインブになってしまう。

 

それが左サイドで上げられるようになると一気にこれらのミスを解消できるんです。動画に見られるように、右手で左前腕を掴んで内側へ向けて回内しながら、一気に右耳の横25cm離したところにもっていければ、スクエアに収まります。

 

上げる時のポイントとして、始動後すぐに左肘を下に向けて、かるく左脇を締めながら、志村けんのアィーンの手刀ポーズをとるように右耳横まで持っていく点だ!その時左前腕は非常にリラックスしていて、ドアノブをカチャカチャできるくらいの感じで回内動作が楽チンであることが望ましい。

 

トップでリラックスしていると、ダウンで左腕にしなりが効いて回内していた前腕がインパクトに向けて回外しながらヘッドが戻ってきて、猛烈なヘッドスピードを生み出してくれるからだ。

 

あと正しいトップか確認する時に鏡を側方に見て、トップを作って見る。グリップの力を抜いてスリスリスリと短く持って、グリップ部分が前腕に重なって、左肘からヘッドまで一直線ならGoodです!もう少し肩を入れたら、シャフトが右肩の上に来て飛球線と平行に収まるはずです。

 

トップでこんなに左肘に余裕があっても、実際には遠心力で左肘も伸びることでしょう。窮屈なトップは百害あって一利なしです。


Archives

website by Cube Net