ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

タックンのスイング研究日記(4) ヘッドを重くすれば飛ぶ?

2017年10月28日

みなさんこんにちは。 

 身体をスムーズに素早く回転させ、クラブを低くまーるく振るスイングをするにはクラブヘッドの質量が少なからず影響します。

 

 よく「クラブヘッドを鉛などで重く調整すれば、遠心力が増して飛距離が伸びる!」と言っている人がいますが、実際のところクラブを重くする事で得られる効果ってどの程度なのでしょうか。

 

少し詳しく説明すると、クラブヘッドの質量を変化させたときの変化を、ヘッドとボールの質量比(M/M+m)で確かめる事が出来ます。また、クラブヘッドとボールの質量を2倍すれば、ボール初速が2倍になるので、この質量比はボール初速と比例します。

 

 一般的なドライバーのクラブヘッドの質量は200グラム前後でボールの質量は46グラム。
M/(M+m)にこれを当てはめた時、200g/246g となり、約4/5です。(ここで言うMはヘッド質量、mはボール質量)

 

極端な話をすれば、100キロのクラブヘッド(実際はありえませが)を振ることができれば、100キロ/(100キロ+46g)となって約5/5になります。

 

このことから、一般的な道具を100kgのクラブヘッドに持ち替えてようやくボール初速が1/5増えたことになります。100kgのクラブを振って普段と同じヘッドスピードでゴルフボールを打つことが出来たとしても、1/5程度しか飛距離(初速)アップは望めないのです。

 

アベレージゴルファーが僅かでも重いヘッドでスイングをすると、ヘッドの遠心力に対応できる背筋群や、右足の大臀部(お尻)、大腿部(太もも)の筋群が十分に備わっていない為、切り返しからフォローにかけてボールを打ち出す方向にクラブヘッドを出してしまい、円軌道のスイングが困難になります。

 

現在販売されている市販のクラブヘッドのほとんどは200グラム前後で最適重量となっています。

 

もちろん性別や身体的特性(体格)により、クラブの重さやシャフトを含めたクラブバランスは変化しますが、力学的にクラブヘッドを重くして得られる効果はほとんどないでしょう。
  

最適重量である200グラム前後のクラブヘッドで、身体を素早く巧みに回転させ、クラブに振られないスイングをしたほうが効率良く飛距離アップできます。


Archives

website by Cube Net