ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

グリーン周り逆目ラフからの打ち方

2017年12月05日

日本は受けグリーンが多く、グリーン半面より奥に外したら、まず逆目のアプローチを残すことになる。奥やサイドからの逆目ラフを攻略しない限り、スコアメイクは望めない。

 

グリーン周り攻略にはなんでもかんでもAW,SWが当たり前という方がいますが、やっぱり限度があります。特にこの逆目ラフにAW,SWを使い、芝の流れに沿って真っ直ぐ直角に入れたら、ヘッドの大きさとバンスが芝の抵抗になり急ストップしてしまう。

 

じゃ何を使うかと言うと、実は9番アイアンです!私がジュニア指導をしていた頃、9番アイアン一本でショートゲームをやらせると、その中でフェースを開いたり、重心を下げて構えたりして、様々な打ち方を覚えて引き出しを増やして行きました。9番アイアンというのはクラブの中で一番使い勝手がいいクラブなんです。

 

僕のジュニア時代のヒーローは何と言ってもセベ・バレステロス。とんでもない状況からでも寄せちゃうChallenger、ショットの成功イメージの視覚化が凄いんです。あらゆるクラブを使いこなして引き出しが多いのでとても参考になりました。セベみたいに3番アイアンでバンカーショットをしたりして遊びの中で覚えたことが参考になっています。

 

動画の打ち方を参考にして下さい!目標に対してスクエア(ボール位置は左親指前)に構えてから、グリップエンドを右に倒してフェースを真上に向けて寝かします。時計の反対回り(5時方向)にまわってグリップエンドの正面に来ると、なんだかボールが左足小指方向に移動した感じになるが錯覚です。9番アイアンを寝かしたら、かるくSWのロフト角になるし、ボール位置も左なので確実に上がってくれます。

 

この構えで芝の流れに対しカットに入る構えになっていることを確認します。ここで、ラフが深い場合は手の位置を下げ、スタンスも広めで低重心にドシッと構えます。バックスイングは絶対にコックをしないで下さい。入射角が急で上からドスンッと入れたら突き刺さってダフってしまいます。胸の回転でノーコックであげて、低くまーるくスタンスに沿って振っていくことが大事!

 

そして、フェースの使い方はヒールから入れてトゥ上部にボールを乗せるように振り抜きます。フォローにかけて余計に開く感じで、ペットボトルを乗せても落ちない感覚です。フェースを斜めに最長に使えるようになると、柔らかく飛んでよく止まります。

 

皆さん勇気あるチャレンジを!

 

 


Archives

website by Cube Net