ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

3Dスイング解析GEARSで飛ばしに関するデータを観察

2017年12月25日

先日、巷で有名なGEARSでスイング解析をして頂く機会を得ました。今回は初回でしたので、Xファクター(肩と腰の捻転差)とボディーリリースポイントに着目しました。この機器はスイング解析の王道。今後は隅々まで調査したいと思います。

 

Xファクター(肩と腰の最大捻転差)になぜ着目するのか?っていうと、トップで作られる肩と腰の捻転差がだいたい45度と言われるが、この角度差がダウンですぐに追いついちゃうくらい上体が強い人が多いんです。

 

G1の理想はトップで胸骨が右足土踏まずの垂線上に移動。切り返し時に胸の面を開かずに、左足を踏み込んで右膝をキックインして右腰を押し込めれば、45度以上の捻転差がつくれるはずなんです。

 

肩と腰の捻転差をしっかり作れないと軸が突っ込んじゃうし、回転力があがりません。早期に肩と腰のラインが重なるのだけは避けたいところだ!

 

この形ができたら、この後は背中越しを感じてハンマー投げのイメージがG1流。内腿で踏ん張って背中越しに放る動きなので、背中の入れ替え(腹筋を捻り戻し)を強く感じます。

 

なので、ボールを強く打ちたいと意識しない!そこは通過点と考え、低くまーるく振って背中越しにクラブを放る。フォローでクラブが飛球線と平行になるところで、肩と腰の捻転差が解放される。このボディーリリースのポイントを抑えて一貫した動きができるようになると安定します。ヘッドをビュンビュン振っていたら、安定しませんよ!

 

今回のデーターによりイメージしていたことと合致したので、スイングイメージがさらに鮮明になりました。


Archives

website by Cube Net