ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ハンドファーストで捉えるには右手甲側裏面ヒットで押し込むイメージ

2018年01月24日

さぁ今回はG1理論の秘密のベールに突入だ!

 

これまで参加の皆さまには指導しましたが、初めて見る人は恐らく驚かれるであろう。はじめに言っておくが、今回のテーマはハンドファーストで押し込むインパクトへの挑戦だから、理論を聞けば納得して頂けると思う。

 

動画に見られるように、頭の後ろでイメージシャフトを持ち、右手親指の腹でグリップを下から支えます。立位姿勢から肩の高さの布団を真横から水平にまーるく叩くイメージをして欲しい。その時、右手甲側の裏面を使って、肘から手の甲のラインでシャフトごと押し込むようにヒット!当たる時にタイミングよく左胸を後方に引いてやると、シャフトの面の大半が当たり、パンッという凄い音が鳴ります。体幹の回転(捻り戻し)なしでは垂直抗力の高いインパクトは望めないし、到底ハンドファーストのインパクトもできない!

 

次はトップからイメージシャフトの垂直落下を利用して右前腕を回外しクラブを後方に倒したら、左膝下の発泡スチロールを裏面でヒット!この時も右手のひらとフェースを真上に向けながら下ろし、左サイドの引き(左腕を前に出して左手のひらを目標に向けた状態で左胸を後方に引く)と一緒に右肘内側ー裏面ーシャフトの3点ラインで面を感じて押し込む。トップ時の左頬の角度を変えずに右肘がグーンと中に入ってくるとハンドファーストインパクトが必ず実現できる。

 

ここで一度左手をつけてやりましょう。右手一本だとインパクトで随分と左肩が後方に引けて見えたが、左手をつけて見るとそんなに引けて見えない。インパクトゾーンの出口(左足外側ライン)では左脇が締まりクラブデザイン通りの形が見える。これが真のハンドファーストインパクトだ!

 

右手一本のイメージシャフトの水平打ちもこれも、何も考えずに普通に振ったらシャフトの先端から当たって、面を感じて押し込む動きなんか到底できない!要するにこれが手打ちでありキャスティングなんです!

 

胸の面(左肩)を開かずに下半身リードで捻転差を感じながら、右前腕を回外してクラブを後方に倒したら、シャフトの内側が体側に巻きついて体の後ろからクラブをまーるく振ってやります。裏面ヒットの感覚で面を感じながら体幹を捻り戻し、背中を完全に入れ替えて再びリコイル。体の周り360度クラブをまわしてやる。これが真のボディーターンです!右に飛んで行っちゃう感じがするのは、手元を操作しちゃうか、インパクト以降の両肩の回転量が少ないからです。根気よく練習しましょう!


Archives

website by Cube Net