ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

捻転差はどのスイングにもある

2018年01月31日

ツッチーです。

皆さんは、捻転差がどのスイングにもあることをご存じですか?

結論は簡単で、ドライバーはもちろんのこと、アイアンショットや、距離の短いアプローチにも存在しています。

ホント、どのスイングにもあるんです。

捻転差は小さい程、ほどけやすく、コントロールしにくいので、

距離の短いアプローチでは両足爪先の向きを時計周りの反対方向に20-30度向けてから上体を正面に戻して、最初から雑巾を絞った状態にしておくことが大事。

アプローチの上手な方のスコアがいいのは、捻転差のコントロールができているからです。

G1では、リボンを巻き付かせるドリルで、捻転差の作り方や、コントロールを練習することがあります。

簡単に手に入りますし、なにより効果が高いんです。

最初は、リボンを体に巻き付かせることだけ、しなやかになびかせることだけを意識します。

うまく巻き付きだしたら、振り幅をだんだん小さくしてみてください。

いつの間にか8フィギュアの動きになりませんか?

G1のすべてのレッスンはつながっています。

効果の高いリボンドリル。小さな振り幅でも試してみてください。

 


Archives

website by Cube Net