ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

飛ばしのアドレス

2018年02月06日

ツッチーです。

 

ゴルフのスイングは、始動から、バックスイング、切り返し、フォローまで、母指球からの力を、捻転差でためたものを解放する運動です。

 

その途中のどこかに引っかかりがあると飛距離や、方向性、安定性に影響が出ます。

 

始動部分のアドレスでは、左右の母指球に体重がしっかりと乗っていることが重要で、つま先や、かかと体重でないことを確認します。

 

野球でいうと、野球の守備で打球を待ち構えているとき、

テニスでは、サーブを待ち構えているときのように、

母指球に体重が乗って、左右に素早く動ける状態が、最もよい状態です。

 

自然に背筋が伸びて、ゆったりとした構えになります。

ここが不安定だと、上半身の力みによってスイングが歪み、引っかかりがうまれます。

当然、飛距離も出ません。

上:バランスの良い構え

下:膝が伸びて前のめり過ぎる

(極端に見えますが、アドレスが整うだけで、スコアは伸びます。)

 

割と簡単にバランスが崩れるものでもあるので、

前後半でスコアが大きく異なる方や、

好不調に波のある方は、毎ホール確認しましょう。


Archives

website by Cube Net